ゴジラ・チャンピオン・まつり! その②。


モスラ対ゴジラ【60周年記念版】 [Blu-ray]

宝田明,星由里子/東宝

undefined


 「ゴジラ」映画は、基本、子供の頃によく観ていた。
 まだビデオはなかったが、テレビで何度も放送してくれたので飽きるほど観た記憶がある。
 んで実際に飽きたし、次第に距離も置くようになった。
 要するに、「寅さん」みたいなもんだ。
 それは郷愁のよーに、我々の内に染み込むものなのだ。

 なので。
 こーしておっさんとなり、再び「ゴジラ」を観るとゆーのは、
 懐かしさと共に、見落としていた新鮮さを感じる。
 何しろ子供は怪獣しか観てないからな。
 こーゆーストーリーだったんだな、と、いろいろ気付きましたよ。
 ニンゲンドラマは、怪獣の前説であることには変わりないけど。

 さて。『モスラ対ゴジラ』。
 「ゴジラ」映画としては四作目だが、
 その前に「モスラ」は単独で映画になっており、『モスラ』は61年7月に公開されている。
 モスラの幼虫が東京タワーに繭を作るのは、そっちの映画なんだな。
 これはついごっちゃになって、間違えがち。

 「モスゴジ」は、
 モスラのでっかい卵がまず登場し、成虫が現れて、幼虫が孵化する。(二匹ね。)
 おそらくパラレル&クロスオーバー的に「ゴジラ」と「モスラ」の世界観を合わせたのだろう。
 改めて考えると、大胆なことをやっていたんだな、東宝。
 で。
 久しぶりに観た昭和の対戦モノは、ゴジラって意外と早く動くんだなあ、と。
 早いってゆーか、機敏ってゆーか。
 ノッシノッシと、踏みしめて動く感じではない、な。
 インファント島の原住民が、
 言葉わからない設定で「ドリンキン、ドリンキン」言ってるのも、時代やなあ、と。
 あと、小美人があまりカワイくなかったです。
 「じゃあ、帰るわ」っつって、あっさり帰っちゃうのはおもろかった。

 そーそー、
 流れ着いたモスラの卵を見せ物にして、一儲けを企もうとするストーリーは、テーマパーク批判かな。環境問題の。
 ニンゲンがわちゃわちゃやってるのを、ゴジラが尻尾の一振りで壊すんだな。最高だ。
 それと宝田明、の眼。
 何か言ってんな、コイツら。とも言いたげな、興味無さげな冷めた視線がたまらない。

 とゆーね、
 ゴジラがモスラの幼虫に倒される、シリーズでも珍しい敗戦の映画でございます。


 64年12月公開のシリーズ五作目となる本作は、ゴジラ、ラドン、モスラの三大怪獣揃い踏みとなります。

 まず、ラドンなんだけど、
 これも単独作品がありまして、『空の大怪獣 ラドン』。
 公開が56年12月と少し遡り、『モスラ』より五年も前に作られているんだな。
 つまり「モスゴジ」同様、
 「ゴジラ」と「モスラ」と「ラドン」のシリーズが合わさった、完全に「アベンジャーズ」状態。
 そして、偉大なる敵怪獣、キングギドラが初登場。
 竜の首を三つもち、全身を金の鱗が覆い、巨大な翼で宙を舞う。この、神々しい姿よ!
 三つ首から降り注ぐ怪光線と、
 エルロロロロロローッ! っつー効果音!!
 今更ゆーことでもないが、
 キングギドラとゆー存在の素晴らしさが、際立っておりますよ。

 んで、そんなキングギドラの卵?が、隕石となって落下してくるのです。
 それをどっかの王女とか金星人とかが、危険です危険です云うの。
 このへん『幻魔大戦』みたいだなとおもったけど、
 たぶんぜんぜん関係なくて、
 『007』とか『ローマの休日』をやりたかったのかな?
 この設定が本当に必要なのか、わたくしにはわかりませんけどね。
 それよりも、
 二匹いたはずのモスラの幼虫が、「一匹死にました」(小美人・談)ってことになってるのが衝撃。
 きっと前作の「モスゴジ」で、ゴジラに尻尾でバシバシ叩かれてたほうだな。南無~。

 ゴジラとラドンのガチバトルが始まり、それをモスラ(赤目)が仲裁&説得。怪獣会議の名場面でございます。
 地球の平和や人類のためとか、まったく考えていないゴジラが、ステキ!
 キングギドラも、意外とスピーディーに動くし、飛ぶのな。
 それに対して放射能火炎…ではなく、岩をボコスカ投げるゴジラ!
 鉄砲玉みたいな、ラドン!
 糸を吐く係、モスラ!

 三大怪獣対キングギドラが堪能できる、贅沢な一本でした。


怪獣大戦争 【60周年記念版】 [Blu-ray]

宝田明,水野久美/東宝

undefined


 木星の陰に隠れていた新星、X星!
 有人ロケットを飛ばして、レッツ・調査!
 と、
 そのトンデモぶりに開始五分でお腹いっぱいです。

 X星のX星人さんも、さすがに今観るとキツいだろなー、設定的にも。
 と、予想していたのですが、
 これがなかなか徹底したミステリアスぶりで、
 所謂ベロベロバーもないばかりか、地球人とのロマンスもいい具合で、秀逸なキャラだなと感心しましたよ。
 只、
 ゴジラとラドンは、その場で洗脳は出来なかったんかいのぅ?
 もしくは、勝手に木星まで連れて来ちゃえばいいのに。
 とゆー疑問は、どーでもいい。
 怪獣バトルが意外と少ない気もしたが、このX星人のドラマ部分が楽しめたので、良し。
 ゴジラとラドンのタッグ対キングギドラも、悪くない。

 相変わらず、岩を投げるゴジラ。
 岩を落とす、ラドン。
 キングギドラの弱点は、岩だったのだな。
 結果は、またもや痛み分け。

 ゴジラの「シェー!」わね、今となってはシュール以外の何物でもない。
 大人が想定する子供が喜びそーなモノ、と、
 子供が欲する観たいモノ、が、如何に剥離しているか。
 こんな時代から変わらないんだな。。。


[PR]
by y.k-ybf | 2014-08-11 21:11 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧