映画のまとめ 『許されざる者(2013)』、とか。五本。



 本作は舞台を、日本は北海道、明治初期に移した、リメイクでございます。
 名作のリメイク、それも日本でやるってのはなかなかリスキーで、
 そもそも成立するのかって不安がありましたが、
 これが意外なほどオリジナルそのまんまで、どっちかって云うなら、巧くいったリメイク、じゃないかな。
 危険は避け切った、みたいな。

 オリジナルの印象があるので、手放しに楽しめたわけではないが、
 むしろオリジナルを観てない若い子らには、ちょうど良いかもしれないですね。
 ラストの、一人対多数の戦闘は盛り上がるし、燃えるわな。実際、宿も燃えてたし。
 核となるテーマを、命の重さに変えたことで、
 若干展開に無理も感じたりしたが、
 アイヌのエピソードを加えたのは、イーストウッドもやらなかったので、いいなとおもいましたよ。

 只、最後のナレーションは、要らない。
 観てればわかる。


 アウトサイダー・アート映画、かな?

 楽器は使わず、その場所に有るモノ、或いは相応しくないモノで音楽を生みだす。
 そのパフォーマンスがどれも見応えあって、楽しかった。
 が、
 それを追う「アマデウス」とゆー名前なのに音痴な刑事と、その結末は、イマイチだったなぁ。
 このキャラクターはもっと活かせたはずだし、まとめ方もキレイすぎて、ツマんない。

 中盤までは良かったので、残念。


コンプライアンス -服従の心理- [DVD]

アン・ダウド,ドリーマ・ウォーカー,パット・ヒーリー,ビル・キャンプ/東宝

undefined


 ファーストフード店への、一本のイタズラ電話。
 それが思わぬニンゲンの心理を暴いてゆく。。。

 心理、ではないか。

 観ていると、なんで~? とか、
 そりゃねぇだろ? とおもふけど、
 これが全部実話で、実際はもっとヒドいってんだから、分からんものでございます。

 自分なら大丈夫?
 騙されたヒトは、みんなそー言うんだよな。


 混沌とした大都市を横断する、特製リムジム。そこには若くして大富豪となったエリックが乗っていた。
 彼は大統領のパレードと、カリスマ黒人ラッパーの葬列による大渋滞に巻き込まれながら、
 理髪店を目指すのであった!
 髪を切りために!!

 とゆー形を借りながら、アメリカの(及び世界の)経済について語っている話、なんだろーな。
 とゆートコロまでは、
 分かったつもりでいるが、 ココが限界。
 正直、何の話か、さっぱり分からんかったわ。
 象徴と抽象だらけで、もー何が何やら。

 あ、中国資本を皮肉ってるのは、なんとなく。


エボリューション コレクターズ・エディション [DVD]

デビッド・ドゥカブニー,ジュリアン・ムーア,オーランド・ジョーンズ,ショーン・ウィリアム・スコット/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

undefined


 ヘンなタイミングでこんな映画を観てしまいましたが、楽しいSFコメディでした。
 エイリアンっつーか、宇宙生物の作り込みが、今観ても素晴らしくて、気持ち悪かったです。
 すぐ死んじゃうってバカバカしい設定もよかった。
 またキャストがみんなヘンな顔ばかりでね。
 お金掛けてるわりに、全体が歪んで見えてくるっつー。

 スゴい技術でアホをやる、贅沢な遊びみたいな映画なんだけど、
 コレ、公開が2001年の6月で、
 三ヶ月後には、世界が一変する出来事が起こるわけで。
 まぁ、そーゆーことなんだな。。。


[PR]
by y.k-ybf | 2014-08-26 10:22 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧