『ルパン三世』、を、観た。


 新しい情報が解禁されるたびに、嫌な予感が募っていた実写版『ルパン三世』を、観てきた。
 とても「ルパン」らしい、『ルパン三世』でした。そのラインは、越えている。

 コスプレ大会、
 なんて悪い言い様もできるだろーが、
 や、ルパン役の小栗旬含め、みんなガンバってたよ。
 玉山鉄二の次元も、黒木メイサの不二子も、悪くなかった。
 不二子は、もっとセクシーシーンが欲しかったけどな。
 いちばんヤバいと感じてた五ェ門役の綾野剛でさえ、
 しばらく観てたら、まあ、いいかなと、おもえたから。
 只、
 浅野忠信が演じた銭形は、ちょっと違和感あったかな?
 ダミ声はさておき、
 一々名乗りが、「インターポールの銭形幸一だ」ってフルネームだとか、
 銭形の方からルパンに取引を持ち掛けるとか。
 姑息な取引をしない頑固な男だからルパンにも信用されていた、ってゆーイメージだったんだけどな、銭形って。

 ま、そんな「ルパン三世」なんだけど、面白いか楽しめるかはまた別の話でね、
 そもそも、
 「ルパン三世」ってそんな面白かったっけ? ってことなんですよ。
 あくまでアニメシリーズの話なんだけど、
 ここ数年、毎年一本のペースで作られる新作スペシャルで、傑作と呼ばれるモノって何本あった?
 「カリオストロ」や「マモー」を越える作品は?

 だから、
 荒唐無稽で、破綻してて、稚拙で魅力のないストーリーを、
 「こんなのはルパンじゃない!」と批判する意見には賛同できない。
 だって、それがいつもの「ルパン」だろ? と。
 なので、
 この映画を「ルパン三世」として否定などしない。
 繰り返すが、そのラインは越えているとおもっている。

 それを踏まえて続けるが、
 北村龍平って、こんなアクション下手だったっけ?
 そっちの方がショックだったわ。
 一連のシーンでカットがカチャカチャ切り替わるし、
 カメラも揺れまくるから、
 アクションの動きが把握出来ないし、結果、アクションの凄さがイマイチ実感できない。
 代役をかなり使ってるから、だろーけど、
 マイケル・ベイじゃないんだから、もちっと上手くできないもんか。
 (比べるコトではないが、『るろうに剣心』のアクションとは、まったく違うレベルのモノだ。)
 それと無駄なシーン、邪魔な会話、不要なキャラが、多すぎ。テンポが悪い。
 この内容で133分って、そりゃ長くなるわ。
 北村龍平、大丈夫かなって、心配になったわ。

 で、まー、
 いくらフィアットだからって、あんなピカピカのダサい車にルパン乗せるなよ、とか、
 そこは次元の銃弾斬れよ、五ェ門、とか、
 結局、正面から殴り込むんだ? とか、
 一緒に金庫に入れば良くね? とか、
 気になるトコロはたくさんあるけども、
 それも「ルパン」だとおもえば、まあ、いいや、と。

 いつもの「ルパン三世」を楽しめる方には、
 いつもの「ルパン三世」ですよと、オススメしますよ。


[PR]
by y.k-ybf | 2014-09-02 20:46 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧