富江と富江と富江と富江、を、観た。


 「富江」とは、
 伊藤潤二のホラーコミックを原作としたホラー映画で、
 Jホラーの流行とゆー後押しもあり、シリーズ化された印象がありますが、
 当然、それは一側面でしかなく、
 他にはない独特の魅力が「富江」にはあるのでございます。

 基本、「富江」とゆー物語は、愛欲の物語である。
 富江を愛し、富江に愛されたく想ふ者タチが、満たされぬ愛情故に正気を失ってゆく、悲劇の物語。
 愛情とゆー普遍のテーマが、
 時代を越えて、作られる理由の一つであろう。

 (簡単に言い換えると、すっごく作りやすいんだよな。
  若い女優さんをメインで使えるし、設定からして状況が生まれやすいし。)


 監督、及川中。
 富江は、菅野美穂。

 インディーズの感触ムキ出しの、安くてザラついた映像だが、コレがじつに良い。
 独特の味わいの怖さがある。
 お金を掛ければ怖くなるわけではないのが、ホラーの難しいトコロであり、オモシロいトコロだと、おもふよ。
 そしてこの『富江』第一作目は、
 やはりJホラーの傑作とも云える一本であろう。
 粗い部分は多々あるが、菅野美穂の富江っぷりのハマり具合は、見事。
 女性がもつ、
 可憐さと、残酷な冷たさの両端を体現している。

 そしてあの、
 鮮烈なラストショット。

 ストーリー(シナリオ)と、富江とゆーキャラクター、そして菅野美穂。
 この三点の掛け合いが相乗効果と成っているのは、誰の目にも明らかであろう。

 第一作目の評判から、
 ストーリー上の繋がりは無い(と思われる)シリーズが作られた。


富江 replay [DVD]

山口紗弥加,宝生舞/大映

undefined


 第二作目、『富江 replay』。
 00年公開。
 監督、光石冨士朗。
 富江を、宝生舞。

 (共演は、窪塚洋介。
  遠藤憲一もチョイ役で出ている。

  舞台が病院で、丸ごと影響を受けてゆく前半は薄気味悪かったが、
  後半はタダの化け物退治になってしまった。)


 01年公開。
 監督、清水崇。
 富江を、酒井美紀。

 (共演が、妻夫木聡。
  顔が違うので、なかなか気付かなかった。
  遠藤久美子も出ております。ハスキー。

  清水崇が監督なので期待したが、そこまで怖くなし。)


富江 最終章-禁断の果実- デラックス版 [DVD]

安藤希,宮崎あおい,國村隼/パイオニアLDC

undefined


 第四作目、『富江 最終章-禁断の果実-』。
 02年公開。
 監督、中原俊。
 富江を、安東希。

 (共演、宮崎あおい。
  デビュー間もないであろう、宮崎あおいの原石然たるや。

  青春百合系のストーリーであるが、消化不良。
  安東希の富江は、悪くない。

  父親役は、まだハゲてない國村隼。)



 と、
 だいぶシリーズは続いたが、『富江』越えは、ならず。
 作り易くとも、どれもキャラと設定に苦心して、持て余してるよーだ。

 しかし。
 じつはシリーズはまだ続いており、この先、まだまだ作られるのだ。

 最終章って、なんだろね?

 以下、
 続く、かな?


[PR]
by y.k-ybf | 2014-09-06 10:34 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧