スター・トレック・トラック 02


 「スタートレック」の、後編。


 ここからピカード艦長編となります。
 データくん、最高。

 と、
 タイトルも含めて新しい物語が始まると思いきや、じつはカーク艦長の最期を描いた作品なんだな。
 継承とゆー意味で、とても重要な作品であると同時に、
 最新のSFX、CGを盛り込んだエンタメとしても秀逸で、SF映画の傑作とおもたよ。
 しかも、
 ストーリー的には、評判の悪かった五作目を作り直したよーにもみえるのが、挑戦的で良いな、と。
 アベンジかと。


 なんだかゴッツい敵、ボーグが登場。
 全編、このボーグとの死闘になる、思い切った作品なのだが、
 この、ボーグが万能過ぎて、よく解らない。

 あと、タイムトラベルも何回もやられると、ちょっとね。

 ピカード艦長の過去も関わるストーリーなので、TVシリーズを観ると、理解できるのだろーか。


 なんか雰囲気が軽くなり、ポップでユーモアな一作。
 ピカード艦長の恋愛エピソードとかあるし。

 連邦が弱体化し、他種族から狙われているっつー、重要な前フリをかましますが、
 このシリーズ、次作で終わりなんだよなぁ…。


 なのに、
 日本で公開された時にはタイトルから「スタートレック」が外されていたとゆー。(現在は修正されております。)
 そこを外してどーする!?
 つか、そーゆー状況だから、リブートしたんだろーけど。
 作る側がブレちゃダメだよな。

 とゆー本作は、組織としてガタガタしてきた連邦に食い込んでやろーと、
 意外で、新しい敵が攻めてくる、お話。
 八作目のボーグとの戦いを連想させるが、
 「二人のピカード」、
 「二人のデータ」による、選択する運命の話、なのかな。
 運命は選択はされているんだよ、っつーね。

 つか、
 データくんがね…、データくんが…。

 エンタープライズ号の「自爆」に続く、豪快な新しい必殺技も楽しめます。
 んで、
 トム・ハーディが出てんのね。かなり重要な役で。
 まったく気が付きませんでした。



 そんな、「スタートレック」十本でした!
 完走したぞ!

 コレが後半をまとめた箱だ!

スター・トレック 新スター・トレック劇場版BOX [DVD]

パトリック・スチュワート,ジョナサン・フレイクス,ブレント・スパイナー,レヴァー・バートン,マイケル・ドーン/パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

undefined



 総評としましては、
 やっぱ評価されている作品には、それだけの理由があるな、とゆーこと。
 「スタートレック」、食わず嫌いしてたけど、面白かったですよ。
 すっごく簡単に云うと、
 「宇宙パトロール」のお話でしたね。リアル系の。

 個人的には、
 後半の、ピカード艦長編が面白く、好きになりました。
 クルーの個性が活かされて、それぞれ活躍するし。
 何より、データくんが良かったわあ。
 高度な機械は人間へ近付くと同時に、人間味を失ってゆき、
 それを目の当たりにした人間は、自身が人間であることを再確認する。
 これぞ、SFですね。

 「スタートレック」は、独自の世界観と物語をもつ、古典でありました。





 (しかし!
  スタートレックマラソンは未だ終わらず、延長戦(リブート)へ続くのであった!)


[PR]
by y.k-ybf | 2014-09-08 10:59 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧