映画のまとめ (全力でネタバレしてないのにしてる)『陽だまりの彼女』、とか。四本。


 この映画にはある‘秘密’があります。。。

 って云われたらさー、
 逆に、考えちゃうじゃん? 何があるんだろって。
 これも秘密があるって聞いてたから、何じゃろって、見るじゃん?
 冒頭に、お守りさげたネコが出てきたから、
 あ、これがもしかしたら彼女とかになるのかなって、おもうじゃん? ベタに。





 昔、北条司が似たよーな読み切り描いてましたね。
 曲を聴いて涙が流れるシーンは、「GU-GUガンモ」の最終回みたいで、泣けますねー。

 ベランダから子供が落ちそうになるシーン。
 一応、前フリはあったけど、それでも唐突だったな。
 んでさ、
 アレ、お母さんごと引っ張れば、そのまま助かったでしょ? 大人三人もいるんだから。
 ま、そこは機転が利かなかったとして、
 キャット空中三回転で助けるじゃん、彼女が。
 そしたら下で見ていた大人連中が、子供にばっかり集まって、
 彼女のことガン無視するばかりか、なんだコイツ? みたいな視線を向けるじゃん。
 何が起きたかはさておき、身を投げ出して助けたのは彼女じゃん?
 彼女の体も心配しろよ!
 礼ぐらい言えよ!
 「バカか!!」って、おもわず絶叫しちゃったよ。
 なんだこの団地、クソだな! って。

 あとさ、ビーチボーイズの曲、流すとしたら二回までだよ。
 エピソードとして一回、エンディングで一回。
 ちょっと使い方がスマートじゃないな。
 権利云々の問題があるだろーが、
 あんな『ペット・サウンズ』がフューチャーされてるなら、他の曲も使えば良かったのにね。
 名曲ばっかりの名盤なんだから。

 就職先で会えなかったら、どーするつもりだったんだろ?
 とか、
 んでも結局、二十年も経たないでまた消えちゃうんでしょ?
 とか、
 彼の人生って、何? 新手の祟り?
 とかね、
 そんな細かいツッコミは思いもしませんよ!

 いい映画ですよ。
 素敵じゃないか。


 おもふけども。
 じつに単純な話でもある。
 ので。
 感想も省略気味に。

 ガッツとグリフィスみたいな。もんかと。
 或いは。
 曹操と郭嘉、か。

 ホアキン・フェニックスって、今、こんな感じなんだね。
 こっちに驚いたよ。


モスダイアリー [DVD]

リリー・コール,サラ・ガドン,サラ・ボルジャー,スコット・スピードマン/パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

undefined


 オープニングの、蛾の羽ばたきは、キレイでしたよ。

 女子校を舞台にしたゴシック・ホラー、なんですが、う~ん、、、。

 少女の堅く閉ざした心理欲求と、成長を描いている、とも見えるんだけど、
 だったらもっと上手く、あの子とあの子を結び付けないとな。
 或いは逆に、もっと切り離して、
 一言、「望んでいたんでしょ?」、って言わせるだけでよかったのに。

 エネッサ役の、リリー・コールは、じっと見ているだけ怖かったです。
 理由は言えませんが。。。


 コレでゾンビ出なかったらおもしろいんだけど、、、
 フツーにそんな映画ありそーな気もしてきたので、この話題は止めます。

 オランダの映画で、ホラーとゆーより、スプラッタ・コメディかな?
 んで、
 このタイトル、勿論、邦題なんだけど、何故に「クエスト」なのか?
 おそらく劇中でのゲームパロディから発想したとおもえるが、
 「ドラクエ」はまったく出てきて無いんだよね。
 むしろ同じくゾンビ系のゲーム、「デッドライジング」ネタを大胆に使ってるし、あとは、格ゲーだな。
 つまり、
 ゲーム=ドラクエ、なので、『ゾンビクエスト』とゆー、
 あまりに陳腐な発想、そしてお粗末な知識、流行への無頓着さが、このタイトルに現れている、のだ。
 ま、
 誰がどのよーに付けたか、知らんけど、これが「会社」の仕事なんだねー。
 とゆー、イヤミ。

 で、忘れるところでしたが、
 映画の中身は、ストレートなゾンビモノで、
 こっちはこっちで『ゾンビ革命』に似ているとゆー、
 ま、そーゆー志の作品なので、何も云うことはないのだが。

 命懸けで助けに行ったヒロインが超ビッチだった、ってのは愉快でした。


[PR]
by y.k-ybf | 2014-09-16 21:27 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧