『風俗行ったら人生変わったwww』、を、三日かけて観た。堪えられなくて。


 この内容と、このキャストで、何を期待すればいいのか。
 イヤ、それでもと、
 僅かに残った希望を胸に、下げに下げまくったハードルへ向かうのだが…。
 一定量の映画作品を観てくると、
 「すごくつまらない」映画でも、楽しんで「観る」ことができる。
 も、その存在が愉快になってくるのだ。
 トマソン建築を見物するよーな感覚に、似ている。

 だが。しかし。
 ハードルを地面に埋もれるほど下げて、ドアを観音開きの如くオープンにしても、受け止め切れないヤツは現れるもので。
 覚えがないレベルの豪速球が一直線にオレのメットを砕きにきた。
 まさか、「観る」のがツラいなんて大物がくるとわ。
 リアルに十年に一本の逸材、
 イヤ、
 災厄に出会うとわ。。。


 本作は、某ネット掲示板のカキコミを原作とした、フィクションの物語である。
 (詳細や事実関係は「作品」とは別なので、スルー。)
 つまり、「電車男」と同じ類。悪く言えば、二番煎じである。
 今時。今更。

 タイトルを一目すれば予想できるだろーが、
 主人公(この場合、男女どちらでも可)が風俗へ行って人生が変わる、お話。
 タイトルがネタバレしてるんだな、まず。
 んで言ってしまうが、
 開始10分ぐらいで主人公の男は風俗へ行き、ヒロインの風俗嬢(佐々木希)と出会うので、
 ストーリーの大筋が終わります。八割、終了です。
 だって、出会っちゃったから。
 後は、
 グリコのキャラメルを食べ終えて、
 オマケも散々遊び倒してからの、残った空箱の文字を読み込むよーな内容となります。
 そこはまあ、
 ストーリーの組立っつーか構造がおかしいだけなので、まだいい。
 本作最大のトピックであり、売りの目玉でもある、佐々木希の風俗嬢姿。
 当然、
 ヌードなど無いし、シャワーシーンも無い。きわどいシーンは若干あるが、精々パンチラがクライマックス。
 昭和か。
 昭和のゴルフ漫画か。
 風俗嬢なのに、
 つかデリヘル嬢なのに、ケツの一つも見せないなんて由由しき大問題であるが、
 じつはそれすらも小さくおもえるほど、作品全体が問題だらけなのだ。

 主人公の男(満島真之介)は人付き合いが苦手で、
 気も小さく、体も弱く、吃音で過呼吸症候群で、童貞で、おそらくヲタである。
 どーよ、この悪意と偏見に満ちた設定。
 しかもその言動やアクションの全てが、過剰にデフォルメされた演出で、正気を逸脱している。
 更に、彼が助けを求めるネット住人の演出も同様で、
 まるで人間味がなく、奇怪な異物を蔑視するよーな、不快な視点すら感じる。
 要するに、
 「ヲタ」みたいなニンゲンをバカにして、ネットすら信じてないんだな。
 これは風俗の描写にも共通してて、
 兎に角、
 雑で、ウソまみれで、そこに愛情とは云わないけど、思い入れがない。
 風俗と云っても商売だし、そこで働いてるのはニンゲンなんだよ。
 ちゃんとシステムもあるし、感情だってあるの。
 これがエピソードの一つとかだったらまだ許せるけど、
 メインでど真ん中で、タイトルにもなってるじゃん!
 ソコ、手を抜いたらダメじゃんよ!!
 んだから、
 ヲタも風俗もハナから見下してバカにしてるか、
 恐ろしくユーモアのセンスがないか、どっちかなんだな。
 だって、
 ヒロインの子が完全にレイプされてんのに、それを笑いのネタにしてっからな。
 笑えねえっての。

 も一つヒドいのが、後半に展開する、ヒロインの借金問題。

 レイプされて付き合ってた元カレに風俗で働いてまで貢いでいたヒロインには、
 約100万円の借金があるわけ。サラ金に。
 何ソレ?
 とか言ってると進まないので続けるが、
 それで主人公のヲタが悩んでいると、ネット住人の一人で、株トレードで大儲けしてるイケメン(松坂桃李)が、
 「その借用書を奪って、彼女を借金から助けよう!」
 って、計画するの。実行するの。
 うん、その前に、
 お金持ってる親切なイケメンに、100万円借りてみようか?
 それで正式に借金返して、お前が働いてお金返そうか?
 つかイケメンも、100万ぐらい黙って貸してあげればいいのにね!
 でまたその計画ってのが、大雑把で不愉快で無意味でね。
 説明するのも腹立だしいから要約するけど、
 サラ金の借用書を台風で吹き飛ばしてチャラにするって計画で。
 江戸か。
 江戸時代の話か、コ・レ・わ!
 そんなんでチャラになるか、ボケェ!!
 んなことよりイケメンが100万持ってこい!!
 でな、
 この計画をやってる最中に、隣の建物へ飛び移れって話になるの。勇気をみせろ、みたいな理由で。
 いやいや、
 いやいやいやいや、それはないよぉ。
 まったく意味がないし、
 理不尽で不自然で、意味がないよぉ。 (強調の為、二回言った。)
 大怪我したり、死んだら、どーすんの?
 狂人か、キサマら。
 早くイケメンは100万持ってこいっての!

 ってゆー出来栄えの映画なんだけど、まだ問題は残っておりまして。
 過呼吸の処置として、度々作中で行われるビニール袋でのペーパーバック法。
 コレ、
 現在だと窒息のリスクが高いから推奨されてないんだよな…。

 ってゆーね、
 ついに人命にまで影響を及ぼしかねない映画が生まれたとゆー、マジ奇跡。


[PR]
by y.k-ybf | 2014-10-12 20:30 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧