映画のまとめ 『里見八犬伝』、とか。四本。以上。


里見八犬伝 デジタル・リマスター版 [DVD]

薬師丸ひろ子,真田広之/角川書店

undefined


 83年の角川映画。
 監督は深作欣二で、主演が真田広之と薬師丸ひろ子。
 共演が豪華で…って、
 この豪華さが伝わってほしいものだが、
 八犬士側に千葉真一、寺田農、京本政樹、志穂美悦子、大葉健二。
 敵側に夏木マリ、目黒祐樹、萩原流行と、
 まー濃いキャストが集まりまして、
 ドカーン!
 バカーン! と、チャンバラと爆発の中、アクションを繰り広げる超大作(邦画スケール)ですよ。
 この映画は子供の頃に好きで、繰り返しよく観ておりました。
 薬師丸ひろ子が…ってより、真田広之が好きでね。
 「宇宙からのメッセージ」の。
 武器が巨大鎌二丁って主人公も、スゴいな。
 それと大葉健二も出てるからな。「ギャバン」の。
 まぁ、熱々ですわ。
 おかげで薬師丸ひろ子のエキセントリック性がだいぶ抑制されているのは、作品的にはプラスでしょう。
 つかさ、
 石像を交えたラブシーンとゆー珍妙なシーンがあるのだが、
 身体こそほぼ映さずとも、かなり濃厚で。
 よくチャレンジしたなと、おもいましたよ。
 脱アイドル映画だとゆーことなんかな。

 で。
 現在の観た感想は、やっぱ面白かったです。フツーに。
 キャラ性や配置、ストーリー展開など、エンタメのお手本みたいな作りで。
 最初は仲違いしていた男女が、敵味方に別れた後、運命的な再会をする。
 散り散りだった八犬士が集まる、とかね、
 姫しか使えない神器の弓とか、
 細かい理由付けはイマイチ弱くとも、燃えるシチュエーションだらけでね。
 ぶっちゃけ特撮映画なんだけど、
 婆さんが自分の顔を掻き毟るシーンは、当時も恐ろしかったな。
 んで、
 真田広之演じる親兵衛の、腕の紋章が途中で消えるんだけど、
 アレってつまり、全身の皮を張り替えたってこと、なのか?
 恐ひ。。。
 アクションも崖から宙吊りとか、無茶なコトを地味にやっていたりして、
 CGじゃないとわかっていると、逆に迫力も感じるよーになった。
 当時は、当たり前だったから。
 そーそー、
 夏木マリもまだムチムチで、エロかったですよ。

 とゆーね、
 冷静に考えると、どんな層をターゲットにした映画なのかよくわかりませんが、
 エンタメ邦画の発展期? の作品としても、面白いですよ。

 まさかこの殆どが、消滅か断絶するかなんて思いもしなかったが。


ザ・タワー 超高層ビル大火災 [DVD]

ソル・ギョング,ソン・イェジン,キム・サンギョン,キム・イングォン,ト・ジハン/TCエンタテインメント

undefined


 タイトルで一目瞭然、超高層ツインタワーが燃えるパニック映画。
 そして、ツインタワーと云えば!?
 ですよ。

 『タワーリング・インフェルノ』のリメイクかどーかはさて置き、
 現代版と名乗っても遜色ない出来映え。
 消防士モノとしても見応えあります。

 演出面でイライラさせられたり、クドい部分もあったりして、
 そこがちょっと古くも感じましたが、
 ま、ソレが韓国流だからね。

 あの屋上のヒトらは助からなかったの?
 とか、
 被害の全貌がわからないのも不満でした。

 群像劇なんだから、もちっと、ツッコんでくれたらな、と。


ベルリンファイル [DVD]

ハ・ジョンウ,ハン・ソッキュ,チョン・ジヒョン,リュ・スンボム/TCエンタテインメント

undefined


 最初に、言っておきたいことがある。(関白宣言)

 正直、ストーリーはよく理解できんかった。
 ドイツはベルリンを舞台に、
 北と南の朝鮮のスパイが暗躍して…云々、あたりで思考はストップ。
 しかし間もなく怒涛のアクションシーンが展開されるので、苦もなく楽しめましたよ。
 その辺、『裏切りのサーカス』とよく似ている。(作品のテイストも近い気がする。)

 銃撃の素晴らしさ、痛みが伝わるよーな格闘の鋭さ。
 デザートイーグルを片手で撃つ無茶ぶりだが、ちゃんと横にして撃ってはいましたし。(反動を抑えるために。)
 銃をハンマー代わりにするとか、
 北朝鮮のマーシャルアーツ「撃術」とか、フレッシュで刺激的なシーンも盛リ盛リ。
 何より、音がいい。
 銃撃の音、着弾の音、排莢の音。
 そして身体を打つ音。
 音は緊張と臨場感を生み、恐怖と痛みを伝えてくれる大切な要素。
 銃の撃ち方にもそれぞれ特徴があり、監督のこだわりが伺える。
 んでまた、
 ベルリンの街並みが冷たく重厚に映されて、キャストも無理なく溶け込んでいるのが、何気にスゴいな、と。
 コレ、邦画で出来るヒトいるかなぁ…。

 とゆーね、
 なんだかわかってないのに面白い、そんな映画。

 ラストに、またひと盛り上がり用意してるサービス精神も素晴らしい。


ウルフ・オブ・ウォールストリート ブルーレイ+DVDセット(初回限定DVD特典ディスク付き)(3枚組) [Blu-ray]

レオナルド・ディカプリオ,ジョナ・ヒル,マーゴット・ロビー,マシュー・マコノヒー,ジョン・ファヴロー/パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

undefined


 株屋さんが、ギリギリアウトな手口でお金を騙し集めて、
 ドラッグやってファックしてドラッグやってファックしてドラッグやってファックする、そんなお話。
 これは、暴力を株に置き換えたギャング映画。ピカレスクだ。

 先日観た『ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金』とは真逆のタイプであるが、
 あのバカ筋肉アホどもが欲望へ突き抜けて行く様と、少し重なっておもえた。
 彼らも、彼らなりに最良で最高な方法を考えて、できると信じていたから。
 できなかったけど。

 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の痛快さとは、
 その信じた行先へ全力で突き抜ける、愚直なまでに純粋な欲望だ。
 巨大な風車へ突撃する騎士のよーに。
 主人公のジョーダンが引退を宣言する間際、
 胸を叩き、あの歌を再び唄い始めた時、
 なんとも表現できない感動がこみ上げて、泣けてしまった。
 表現できないので泣けた理由もよくわからんのだが、
 ラストの、「勝利」したFBI捜査官が地下鉄で眺めたもの。
 或いは、セミナーに集まるヒトビトの眼差しが、何かの答えなのかもな。

 と、上手く誤魔化したところでまとめますが、
 も、傑作だとおもいますよ。
 ディカプリオの熱演っつーか激演のクズ男っぷり。
 ジョナ・ヒルの真性クズっぷり。
 そんな二人の奇妙な友情ドラマも、また愉快。(ノンアルコール・ビールの会話とか、最高。)
 出番の少なさが逆に存在感を際立たせる、マシュー・マコノヒー。
 そして、
 特別出演しているジョーダン・ベルフォード本人の、ホームラン級のコイツか!?感まで味わえる。

 この映画を不快におもふ気持ちもわかる。
 でもね、
 主人公の心情がないってのは、違う。
 むしろ欲望と一緒にぜんぶの感情が吐き出されている。
 アレでぜんぶなのが、彼の非凡さであり、喜劇で悲劇なのだ。

 と、平凡なわたくしはおもいますよ。
 壇上の彼を見上げながら。


[PR]
by y.k-ybf | 2015-01-02 09:40 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧