2014年、ベスト&ファニー映画。4。(ファニー)


 最後は、外道企画。
 2014年、ファニー映画ランキング!
 の、予定でしたが、
 順位を決めてるうちにアタマが痛くなってきたので、も、中止中止。
 ファニーにランキング無し、
 とゆー悟りに到達できたので、大賞一作だけ決めて、他同位ってことにさせてください。
 健康を害する前に。
 お願いします。


 とゆーわけで、2014年のファニー映画大賞はコチラ。
①『風俗行ったら人生変わったwww』(2013)

 何の気構えもなく再生ボタンを押して、二分と経たず停止ボタンを押した。
 堪えられなかった。
 コレはヤバいのがキタと、すぐに伝わる作りだけは、潔し。
 そっからアーマード・バルキリーのミサイル全弾発射を連打するが如く、
 すべてに喧嘩を売って敵を作る不快な展開ばかりがラストシーンまで続く、苦難。
 半分がやっちゃいけないコトで、
 もー半分がやらなくていいコトで出来ている。魔物みたいな一作。

 佐々木希が好きで好きでゴハン何杯も食べられる、
 彼女以外はぜんぶモザイクで囲んでもOKって方にだけは、オススメします。


 そんな大賞を競っていたのが、『めめめのくらげ』(2013)。
 結果的に『風俗w』がぶっちぎったんだけど、
 『めめめ』以上にファニーなモノがあるんだと驚いたぐらい、『めめめ』もかなりアレなアレだ。
 予定されてる三部作のアナウンスが聞こえないのが残念。
 早く作らないと、憎たらしい子役が大きくなっちゃうぞ。

 『ミロクローゼ』(2012)は、ヒドいってゆーか癪に障る映画で、
 中島哲也っぽさと、宮藤官九郎っぽさを併せて3で割ったモノの、劣化コピーみたいで、
 肝心な部分がカラッポ。
 ユニークでも、カラッポだから笑うことも出来ず、退屈な不快感だけが残る。

 この3作が、2014年のファニー・トップ3。


 あとはね、
 『シー・トレマーズ』(2013)ってのが、特撮が雑でヒドかった。今時。

 『貞子3D2』(2013)は、
 わたくしが観た『貞子3D2スマ4D2D版』ってタイトルが、何度見てもヒドい。
 中身も、いちばんの見所が本編前の注意事項だったってのが、ヒドい。

 『ゴジラ2000』(1999)は、シリーズの仕切直しとして最悪な作品。
 結局、次から仕切直しの仕切直しをやるハメとなり、グダグダしてるうちにシリーズの息の根を止めてしまった。
 その罪は重い。

 こーしてみると、『アバター』(2011)なんかカワイイもんだ。

 それと、『コールド・バレッツ 裏切りの陰謀』(2012)。
 兎に角、印象に残らない映画で、じつはかなりヒドいとおもふ。
 まったく魅力が抜けたアクション・シーンは、逆に必見ですよ。


 と云った具合で、ございます。
 えーと、
 特に理由はありませんが、ごめんなさい。

 以上、です。
 おつかれさまでした。


[PR]
by y.k-ybf | 2015-01-12 23:20 | 映画/100 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧