『私の優しくない先輩』、観た。


私の優しくない先輩 【完全生産限定版】 [DVD]

川島海荷,金田哲/アニプレックス

undefined


 アレな映画だと伝え聞く、『私の優しくない先輩』をやっと観た。
 監督は、アニメ出身の山本寛。

 まず結論から先に云っちゃうと、ヒドくはなかったよ。
 只の出来が悪い映画ってだけで、やりたいことがハッキリしてる分、まだマシだとおもふ。
 ではそのハッキリと示されている、
 アイドル映画としてはどーか? とゆーと、魅力は不十分で、面白くもない。
 そーゆー意味では、失敗作だ。

 川島海荷演じる、
 主人公「耶麻子」のモノローグが全編喋りまくりでかなりウザいのだが、
 これは彼女の二面性、
 人当たりの良さに隠れた、ズルくて独善的なキャラを表現しており、
 作品的に必要ではあるが、
 巧く整理もされず、工夫もなくダラダラと使われるので、あまり効果的ではない。
 ついでにゆーと、そこに最後までフォローもないので性格が極悪な女の子にしかおもえないんだな。
 そんな子、応援したくもならないっての。
 コレ、
 自分のモノローグと会話して、喧嘩始めちゃうぐらいまで突き抜けちゃえば、まだよかったのに。

 似たよーなトコロでは、憧れの先輩「南」。
 途中、タバコを吸ってたむろってる南先輩を見掛けて幻滅するんだけど、
 そこはまったく追求しないし、
 更にその後もっと酷い南先輩の一面がわかるんだけど、
 そこもスルーして、
 なのにまだ大好きな憧れの先輩のままなの。
 この子、バカなんじゃないかっておもふよな、フツー。

 はんにゃの金田が演じた、
 優しくない先輩こと「不破」は、わたくしは良かったとおもいますよ。合ってると。
 はんにゃそのまんまにおもえるけど、そのまんまのキャラにしたかっただけでしょーね。
 只、
 ネチャってのはやりすぎだし、確実に耶麻子の寿命を削ったのはコイツだけどな。

 てコトで、結末についてだけど。
 耶麻子って、生きてるの?
 一応、意識は戻ったよーだけど、
 心残りが無くなったら死ぬってゆーてたよね?
 で、キスしたよね?
 いままであんなヒドいキスシーン観たことないんだけど、どーなんすかね?

 つか優しくない先輩って、
 途中まで実在しない、耶麻子の幻かなとおもってたんだけどね。
 それぐらい現実味がない存在で、病人相手にヒドいことばかりするから。
 そこはまったく捻らなかったけども。

 あとヒドかったのはねー、
 意識不明の娘に向けて、
 先輩がー先輩がーって、両親が説明するシーン。
 こんな時に、そんなコト、云う?
 たこ焼きの屋台の件も、
 どーやって出店したの? とかはさておき、
 急に店じまいしちゃうとかさ、
 えっ、売上とかどーすんの? って気になっちゃうんだよな。細かいけども。
 もっと巧く解決できて、作品の邪魔にならない方法があるとおもふんだけどなー。
 こーゆートコロ、省略するのがアニメっぽい。

 んで、
 お父さんが高田延彦で、お母さんが小川菜摘って、むちゃくちゃ丈夫な子供になる気がするけどな!
 そして極めつけが、エンドロールでの高田のダンス!!

 と、
 いろいろ指摘しましたが、
 アイドル映画マニアが作ったセミプロ級の作品としては、よく出来ています。
 フォローでも何でもなく、
 撮り続ければ、いつかオモシロいモノを作るんじゃないかと、期待は残りましたよ。

 ナントカ・ガールズってアニメは、更に酷かったけども。


 (んで、
  ヤマカンをアイドルと想定する「アイドル映画」だ、とゆー意見には、激しく同意します。)


[PR]
by y.k-ybf | 2015-01-31 20:45 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧