映画のまとめ 『ハミングバード』、とか。五本。


ハミングバード [DVD]

ジェイソン・ステイサム,アガタ・ブゼク,ヴィッキー・マクルア,ベネディクト・ウォン,ジャー・ライアン/Happinet(SB)(D)

undefined


 ジェイソン・ステイサム主演、イギリス産のアクション映画。
 いきなりだけど、ステイサム映画の中でベスト5に入るぐらいの傑作でした。

 堅く正しくとも、救われぬものがある。
 ヒトが背負う罪と罰と、そこで苦しみ抗う姿を、ぐっと抑えた演出で描いている。
 また抑えることで、
 ステイサムの圧倒的な強さと危うさが際立っておりまして。
 こーゆーアクション映画の作り方もあるのだなと、関心しましたよ。

 「ハミングバード」ってのは、軍の無人偵察機のコト。
 空から地上を監視する、言わば神の視点で。
 戦場での兵士の葛藤や、
 敬虔なシスターの心の傷など、神は知る由もない。
 ダンボールにくるまり夜露をしのぐ売春婦のことなどわ。
 ステイサムが、ビルの屋上からアイツを突き落とすのも、
 「ハミングバード」が終始音声だけなのも、全て意味が繋がっている。

 ささやかな願いを胸に、
 ヒトは地上を這い蹲り、生きるのだ。


インベーダー・ミッション [DVD]

アルベルト・アンマン,アントニオ・デ・ラ・トーレ,インマ・クエスタ/ポニーキャニオン

undefined


 おお、このタイトルは、インベーダーの侵略モノか?
 と、期待して観ていたら、
 一時間経ってもインベーダーのイの字も出ない。
 引っ張るなあ。
 後半でガラッとひっくり返すタイプかな? と、
 それでもワクワクしつつ、
 ええ、ココロの隅では判っていたんです。
 そんな種類の映画じゃないことわ。
 まだまだ!
 まだまだ!! と、
 自分自身を奮い立たせながら、エンドロールへ。

 (イラク戦争で隠蔽された重大な事件へ迫る、骨太なポリティカル・サスペンスでした。ごめんなさい。)


 当然のことではあるが、
 いろんな国で作られる映画には、その国の文化や特色、時間すらも織り込まれており、
 その違いも魅力の一つとして楽しむことができる。
 例えば、ホラーとゆー同じジャンルを扱うだけでも、
 その土地特有なモノに仕上がるし、手法や技術の年代もバラバラに混ざり、とても独特な面白味が生まれる。
 何でもかんでもハリウッドに倣えばいいわけでもないのだ。

 とゆー長い前置きでしたが、
 本作はフィリピンのホラーってことで、ちょっと変わった作りになっている。
 心霊フォークロア系のよーに始まり、サイコな監禁系の要素を見せつつ、ゴアな描写も加わり、、、。
 じつは大きく3章に別れており、
 次第に過去へと時間が遡り、真相が明るみになるとゆー凝った作りで。
 それが巧く機能してるかと云えば、それほどでもないし、
 面白いかとゆーと、そーでもないが。
 えーと、
 独特な味わいのある、ホラーでした。

 邦題の「アブノーマル」って意味も、ちゃんとありますし。


 ソフィアの兄、
 ロマン・コッポラ監督作。
 最近はウェス・アンダーソンと共同で脚本を書いたりしておるのだね、
 とゆー情報はちと余計で、
 あー確かに、と。
 ウェス・アンダーソンが監督してない映画っぽいな、と!

 妄想癖がある金持ちのボンボンが、最愛の彼女との別れを何とか乗り越えよーとする、コメディ。
 サイケな妄想と現実が激しく交錯する感覚は、
 面白そう…な、ままで終わっちゃうんだな。
 本来、妄想と現実は互いに影響を与え合って、
 過剰な沸点へ到達しないと物語にならないとおもふのだが、これはそこがイマイチ。
 ラストの、
 妄想が集大成となって撮影されるアルバム・ジャケットのショボさと云ったら、も、ガッカリだよ!
 あそこはビートルズの「サージェント・ペパー」級のジャケットにしないと!
 真似でもいいから!!
 そっからあのエンドロールなら、感動したかもなー、と。

 センスだけは、いいんだけどな。ソフィアと一緒で。


 このシリーズは自分のなかで観なくていいモノと判断しているので、
 いままで完全スルーしてきたのだが、
 遂にその機会が来てしまったので、観たんですよ。
 ええ、そりゃオモシロいですよ。
 茶店の壁にウンコ撒き散らしたりすりゃあね。
 ジジイとガキの珍道中って設定も良かったですよ。
 これは最後にホロッとくるだろなーおもたら、ちゃんと仕掛けてくるし。
 はい。

 はい、そんな、ところです。


[PR]
by y.k-ybf | 2015-04-04 21:03 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧