『クローズEXPLODE』、観た。


クローズEXPLODE プレミアム・エディション [DVD]

東出昌大,早乙女太一,勝地涼,KENZO,やべきょうすけ/Happinet(SB)(D)

undefined


 原作の前日譚でもある『クローズzero』から始まり、遂に原作とは別の物語となった本作。
 監督もキャストも、物語の世代も大幅に変わりまして、
 さて、と。
 どーだ? と。

 シリーズモノなので敢えて前作と比べますが、
 やはりインパクトに欠けるし、縮小感が半端ない。
 主演の東出昌大は、ガタイはいいけどケンカしなさそーだし、アクションもギコちない。
 柳楽優弥も含め、他の小物ぶりには失望を禁じ得ない。
 ケンカバトルもイマイチで、どーにも燃えるモノがない。
 実際、やってるよーであんまりやってないんだよな、バトル。
 痛みが伝わってこないバトルは、ドラマだけが上滑りして白けてしまう。
 んだから、
 ダメージってのはちゃんと表現しないとダメなんだ。
 フィクションだからこそ、痛みは伝えないと。

 そんな中、
 世界観的に浮いてそーな早乙女太一には、迫力を感じました。
 あーこのヒト、キレたらこんな感じっぽいな、と。
 理由は、知りませんが。
 それと「ケンさん」問題ですが、
 シリーズのアイコンっつーかマスコット的には必要だとわかるんだけど、今回は巧く機能してなかった、かなぁ。

 とゆー感想ですが、
 このシリーズは大好きなので、次こそは容赦なくやってほしいとおもいます。
 只、
 抽象的な言い方になりますが、「EXILE」にはなってほしくないなあ。。。
 そっちのファンタジーではないんだわ、「クローズ」わ。


[PR]
by y.k-ybf | 2015-04-12 00:04 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧