エロスばかり! 『ブラインド 視線のエロス』、とか。四本。


ブラインド 視線のエロス [DVD]

エレン・ドリト・ピーターセン/ビデオメーカー

undefined


 失明した女性が、内と外との境界に戸惑いながら向かい合う、
 そんなストーリー全体を比喩的に扱い、リアルな欲求とコミュニケーションを描いております。
 かなりエロに偏った理想と妄想の大行進でありますが、
 コレがリアルで、普通なんだとおもいますよ。
 そこを結ぶための、「失明」ではないかと。

 地味な作品ながら、とても面白くて、大切なコトを描いてる映画だなとおもいました。
 個人的には、
 段々と過激になるエロ動画が、日常系にシフトする辺りが、リアルだなぁと。


つぐない 新宿ゴールデン街の女 [DVD]

工藤翔子,速水今日子,伊藤猛,貴山侑哉,吉岡睦雄/インターフィルム

undefined


 いまおかしんじ監督の、ピンク映画。
 新宿のゴールデン街が舞台で、主演です。


逢いびき [DVD]

丸 純子,赤木伸輔,冨家規政,鈴木智絵,茜ゆりか/Happinet(SB)(D)

undefined


 不倫モノのピンク映画。
 ベタなストーリーであるが、
 今時テレビドラマでもやらんだろってぐらい、出会いのシークエンスを丁寧に描いており、好感が持てました。

 ピンク映画としては物足りないが、
 ま、WOWOWだし、意外とドラマとして楽しめる。
 ちゃんとロケしてるのが、やっぱ大きいな。


 所謂、バイブレーターを最初に開発したお医者さんのお話。

 バイブレーターとは、
 ドンキホーテとかでマッサージ機として売られながら、実際はちと違う用途で大活躍してる、あのマシーンのこと。
 元々は女性のヒステリー、ヒステリアを解消する為に開発された、医療器具だったのだね。
 映画ではその開発過程と、
 束縛と抑圧から解放され、社会的な自立を目指す女性の姿を重ねて描いております。

 映画至上最長とも云うべき、
 あの…アレを、たくさんしてる映画だとおもいますが、
 基本コメディで、イヤらしくもなくライトな作品なので、お気軽に鑑賞できます。

 エンドロールでは歴代のバイブレーターたちも紹介され、ちょっと愉快な気持ちになれますよ。


[PR]
by y.k-ybf | 2015-04-19 10:13 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧