映画のまとめ 『メトロ42』、とか。六本。六本木心中。


メトロ42[DVD]

セルゲイ・プスケパリス,アナトリ・ベリ,スヴェトラーナ・コドチェンコワ/エイベックス・ピクチャーズ

undefined


 ロシア産の、パニック映画。
 老朽化した地下鉄のトンネルが決壊し、河川の水が流れ込み、、、
 とゆー、
 王道中の王道なパニック映画ですが、これは素晴らしい、良作。

 地下鉄が浸水するとどーなるか?
 それをわざわざ乗客が満載の車両で描写するから、まーどエラいことに。

 主人公家族の不倫話はあまり活きてなかった気もするが、
 お金とCGはこーやって使うんじゃい、とゆーお手本のよーな映画でした。


 チェコのヤン・シュヴァンクマイエル監督の、実写と写真や絵を織り交ぜた切り貼りアニメ。

 まーなんとも教養のない表現になってしまいますが、
 どシュールなユーモアがミチミチしている世界観の、アートな映画。
 冒頭から監督自身が登場し、
 予算がないから役者を雇えなかったとか、切り貼りアニメはすぐ時間が足りなくなるとかの愚痴から始まり、
 現実と夢の合間をスイスイっと泳いでゆく。

 正直、ストーリーは表面的な部分しか理解できなかったけど、
 心理学をおちょくるのとか、楽しかったですね。ええ。


ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組 [DVD]

ジョシュ・ハートネット,スカーレット・ヨハンソン,ヒラリー・スワンク,アーロン・エッカート,ミア・カーシュナー/東宝

undefined


 『ゾディアック』に続き、こちらも実在の未解決事件を元にした映画。
 後から気付いたんですが、監督はデ・パルマなんだな。

 二人の元ボクサーの刑事がコンビを組み、
 更に女性一人を加えて三角関係で暮らし始めるとゆー、あだち充チックなこの映画(ウソ)。
 未解決だから、とゆーのは理由にならないとおもふが、
 分かり難いし、ノリ難い。
 時代に合わせて意図的にビンテージ感のある映像も、逆に単調におもえたな。


ニューヨーク 冬物語 [DVD]

コリン・ファレル,ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ,ラッセル・クロウ,ジェニファー・コネリー,ウィリアム・ハート/ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

undefined


 某映画サイトにて、デンプシーロール並に叩かれていた本作。
 どんなもんやろとワクワクしながらの鑑賞となりましたが、
 原作を知らないと、意外にフツーでしたね。

 や、
 白馬がニューヨークの街を飛ぶヴィジュアルは酷かったし、
 前髪垂らしてカリアゲのコリン・ファレルは気持ち悪かったし、
 凶悪なのに勤勉な悪魔のラッセル・クロウや、
 裸電球をチンチンしながら「線から出るなっつーの!」と怒る魔王のウィル・スミスは共にバカみたいだったけど、
 よくあると云えばよくあるファンタジックな物語だな、と。

 只、
 コリン・ファレルがさっさと馬に乗って街から出れば、誰も死なずに済んだんだよな。
 世界を救う、とかゆー話でもねーし。


 キアヌ・リーブスの新作とはまたべつの、愛犬家映画。
 愛犬家…。

 ダウナーな、気だるい感じで淡々とストーリーは進むが、ヒトはキッチリ殺☆害してゆく、
 じつはかなり恐ろしい内容で、
 パートナーとも強い友情があり、サイコパス・バディムービーとゆー、フシギなジャンルを醸し出している。
 キレ過ぎてぼんやりしてる主人公が、
 立ちふさがるゲスな奴らを殺しまくるですよ。

 とゆー説明だと、なんだか愉快な映画と錯覚するかもしれませんが、
 とにかく、だる~んとした雰囲気のまま、スッキリしないラストを迎えるわけで。
 まま、全体が悪夢の中のよーな、映画でした。


サファリ [DVD]

ム・アーゲッツシンガー,ロッキー・マイヤー,クロエ・カービィ,ロバート・パーマー・ワトキンス,カール・ブーク/TCエンタテインメント

undefined


 アフリカのぉー、
 大草原のぉー、
 荒々しい獣たちとぉー、
 生で近付けるツアーにぃー、我々は参加したのだがぁー、
 途中、現地の少女を保護し、急遽、病院へ直行するもぉー、
 乗っていた車が走行中に故障、
 我々はライオンやハイエナが生息するハンティング・エリアでぇー、立ち往生を強いられるのであった。
 サファリのど真ん中、ここをキャンプ地とす!

 そんな、どうぶつ王国のファウンド・フッテージ型スリラー。

 正直、
 か・な・り・開き直った作りで、何で撮影してるの? みたいなツッコミも、殆ど無い。
 そればかりか、
 みなさん、ちゃんと空気を読んでくれまして。
 そろそろ展開が欲しいなぁとおもったら、
 崖から落ちたり、銃を暴発させたり、痴話喧嘩やプロポーズと云ったイベントまで用意してくれます。
 あ、定番のボインの女性もしっかり参加しております。
 元気などうぶつたちのお食事シーンもありますが、
 そこもファウンド・フッテージらしく、
 見えそで見えないノイズがガガガっと入りますので、お子様も安心です。

 そんな愉快などうぶつたちと、
 愚かなにんげんたちのサバイバル・スリラー、『サファリ』。
 みんな観てね~♪


[PR]
by y.k-ybf | 2015-05-10 11:47 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧