ゴジラ・チャンピオン・まつり! 完全版②


ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃 【60周年記念版】 [Blu-ray]

佐原健二,中真千子/東宝

undefined


 69年公開。
 本来なら前作『怪獣総進撃』でシリーズは打ち切りの予定でしたが、
 東宝の経営が芳しくなく、中止が中止に。
 更に子供向けのプログラム「東宝チャンピオンまつり」に組込まれ、予算も削られる三段逆風の中、製作された本作。

 誘拐事件に巻き込まれた児童がストーリーの主軸で、
 怪獣は全て児童の夢とゆー、まさかの設定。
 低予算らしく過去作の映像が大胆に使い回され、まるで総集編のよーな装いに。
 あの、大ワシも出ますよ!
 ミニラが喋ったり、小さくなったり大きくなったりします。夢だから!

 所謂「島編」の一つですね、これわ。


ゴジラ対ヘドラ 【60周年記念版】 [Blu-ray]

山内明,柴本俊夫/東宝

undefined


 71年公開。
 ここのブログで最初に取り上げた映画が、この『ゴジラ対ヘドラ』
 当時の感想を見ると、あまりハマってないのがよく判る。

 今回、
 よい機会なので、もう一度観てみましたが、、、
 やはりとゆーか、アバンギャルドでディストピア感すら漂う映像は、相変わらずパンチが効いております。
 順番にシリーズを観てくると、その異色っぷりも際立ちますね。

 挿入されるアニメが怖い。
 静かに戦うゴジラとヘドラが怖い。

 因みに、
 予告だとヘドラは、忍者怪獣と呼ばれておりますな。
 忍者って。


地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン 【60周年記念版】 [Blu-ray]

石川博,菱見百合子,梅田智子/東宝

undefined


 72年公開。
 タイトル見れば説明も要らんけど、今度の敵はガイガンだ! (あと助っ人でキングギドラが呼ばれます。

 ガイガンのデザインは、いま見てもカッコイイですな。
 強そうだし。

 対するは、ゴジラとアンギラス。
 ついにコイツら、吹き出しで喋り始めました。

 ゴジラから「偵察へ行け」と、
 明らかに不向きな体躯なのに、偵察へ向かわされるアンギラス。
 計り知れない上下関係の闇を垣間見た気分だ。
 案の定、
 アンギラスはすぐ防衛軍に見つかり、一方的に攻撃され、撃退される。
 悪い宇宙人を偵察に来ただけなのに…。

 何故か印象に残るゴジラタワーも出てくるよ!
 壊されるけど。


ゴジラ対メガロ 【60周年記念版】 [Blu-ray]

佐々木勝彦,川瀬裕之,林ゆたか/東宝

undefined


 73年公開。
 遂に、電子ロボ・ジェットジャガーの勇姿を、この目で!

 敵は昆虫怪獣・メガロ。
 昆虫怪獣って言葉に若干引っ掛かるが、それはさておき、メガロもなかなか…強そうで好印象。
 援軍にガイガンも駆けつけます。
 海底人と宇宙人の美しいコラボレーションです。
 (※今作の敵である海底人が、前作の敵だった宇宙人に援軍を要請するのです。
   考えてみるとすんごいスケールの話だが、
   それを悉く粉砕するゴジラって構図は、まるでウルトラセブンの「ノンマルトの使者」みたいですね。)

 それはさておき!
 自意識に目覚めるジェットジャガー!
 巨大化するジェットジャガー!
 ゴジラと握手するジェットジャガー!

 何気にカースタントや、メガロのダム破壊シーンなど見所もありまして、
 個人的にはけっこーお気に入りの一作となりました。

 あ、コンテナが吹っ飛ぶシーンは爆笑モノで。
 中のヒト、死んでるよね、アレ。


 ゴジラとゴジラが対峙する、このインパクト!

 ゴジラが雷を浴びてパワーアップとか、マジ意味わかんないけど、
 首を折る!
 って決め技も含めて、
 なんかスゲーと、当時は子供心に思ったものだ。

 舞台が沖縄なのは、返還後とゆー時代背景からで、
 キングシーサーなんつー味方怪獣も現れます。
 敵のビームを片目から吸収して、反対の片目からはね返すとゆー、およそ生物とはおもえぬ特技をもっております。
 沖縄ジジイがこっそり、「ゴジラを倒せ」みたいなことを口走るのはスルーするとして。
 キングシーサーを呼び起こす歌が、しっかりフルコーラス歌うので、愕然とする。
 早く目覚めろ、シーサー。

 他にもスカイライン2000GT(オレンジ色!)が出てきたり、敵宇宙人がゴリラだったり、
 流行モンを取り入れておりますな。『猿の惑星』とか。

 しかし映画的には「特撮」でありながら、現代に近い「邦画」の形になっており、
 時代の変化を感じられます。


メカゴジラの逆襲 【60周年記念版】 [Blu-ray]

佐々木勝彦,藍とも子,平田昭彦/東宝

undefined


 75年公開。
 SFブームが到来し、観客動員がシリーズのワーストとなった本作で、ついに昭和シリーズは最期となりました。
 一作目のテーマ曲がアレンジして使用されたり、意識的な演出があったのに、皮肉なものです。
 それと、原因ではないだろーが、
 ドラマも重厚さへ傾くよーになり、子供が好む感じではないですね。
 そのわりに宇宙人が使えない部下をムチで打ったり、大人向けとゆーわけでもないし。

 ああ、あと乳房がでますよ、乳房が!

 敵怪獣は、
 改造されて首が折れても平気になった、メカゴジラⅡと、
 恐龍チタノザウルス。
 ゴジラとのバトルは派手ではあるんだけど、ドラマパートに喰われちゃうんだよね。
 そもそも、ゴジラがいなくても成立する話だし。

 これも長期シリーズの宿命、なのかもなー。


[PR]
by y.k-ybf | 2015-06-14 11:00 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧