映画のまとめ 『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』、とか。邦画三本。


万能鑑定士Q ―モナ・リザの瞳- スペシャルエディション [DVD]

綾瀬はるか,松坂桃李,初音映莉子,児嶋一哉,角替和枝/KADOKAWA / 角川書店

undefined


 「彼女は、万能鑑定士Q」
 「万能…鑑定士、、、Q」
 →ショボいタイトルが、バーンとでる。

 このさ、
 アホみたいな会話の反復は、そろそろ止めてくれませんかね。
 効果も意味もなければ、いちいちブレーキになるんだよ。
 強調して伝えたいならテロップでも出せばいいじゃん。
 つか、後からタイトルで出るしね、実際。

 「映画」にリアルは必要じゃないけど、ある程度のリアリティは求められるの。
 フィクションとゆー嘘を構築するために。
 美男美女が、いつも新品みたいなお安くないおべべを着て、「日常」を演じてる上に、セリフもコレだとあんまりだよ。
 そーゆー作品もあるけど、
 コレは、
 そーゆー作品ではないからな。

 タイトルもあんなダサくて、
 それこそ「ゴジラ」じゃないんだから、もっと洒落たオープニング作れんもんか。

 とゆー、
 邦画うんざりを挙げつつ、
 さすがに、も、細かいツッコミは…、
 細かいツッコミドコロはたくさんあって、ラノベかよっ! と、何度もおもったけども。

 なんとなく!
 そー感じたから! (作中に実際出るセリフ)
 は、際立ってヒドいね。
 鑑定士からそんな言葉は聞きたくない。

 綾瀬はるかの異常な能力は見てて痛快ではあるんだけど、
 一晩でフランス語をマスターするのは、なんか違うんじゃねえの?
 原作知らないので、なんとも云えんけど。

 朝日新聞の記事がデマでした、ってのは、ちょっとおかしかったです。
 朝日ってw

 で、最期のパネルを並べるのも、クドかったなぁ…。
 スマートにやっておくれよ。

 と、なんだまったく誉めてないじゃん(東京弁)。
 と、おもふでしょうが、
 スリリングではあったし、
 綾瀬はるかは見てるだけで楽しいので、まあ、いいかな、と。


 つか、「モナリザ」を題材にした時点で、ねぇ…。


偉大なる、しゅららぼん プレミアム・エディション [DVD]

濱田岳、岡田将生、深田恭子、渡辺大、貫地谷しほり 他/キングレコード

undefined


 劇場に貼られたポスターを見掛けて、
 そのヴィジュアルイメージから、これは観なくてもいい映画だな、と、
 ココロに強くおもっておりましたが、
 機会がありましたので観たトコロ、
 うん、
 やっぱり観なくて問題ない映画でした。

 ぬるま湯なコメディでは笑えず、
 不思議パワーの設定がいい加減じゃなくて誤魔化してるだけで、
 じつに、どーでもいい。

 監督、誰やとおもたら、
 これが長編デビューの電通マンで、ああ、納得。
 なんか納得。
 笹野さんの使い方とか、すげー納得。

 只、
 傲慢&ヒキコモリな深田恭子だけは、ステキでしたよ。
 このヒトは、ちゃんと役柄で変わるから、巧い女優さんですね。

 そーそー、
 三又又三に金八やらせるとか、
 高田延彦をあの程度に使うとか、センスの欠片もないですな。


青鬼 スペシャル・エディション [DVD]

入山杏奈,須賀健太,陳内将,聖也,古畑星夏/TCエンタテインメント

undefined


 さて、どーだ?
 とゆー、
 アタリ屋気分での鑑賞ではあるが、期待が無いわけではないんだよ?
 こっからの逆転ホームランは飛距離も出るし、気持ちいいものなのだ。

 ま、
 ホームランどころか、三回完封コールドみたいな出来だったけど。


 そもそも、
 この『青鬼』とは、一般の方がネットで発表したゲームが原作、らしいんですが。
 それにしたってなー、と。。。

 入山杏奈の抑揚のない演技がむしろゴーストっぽい、とゆー点は諸事情により触れないでおくとして。

 まったく説明も脈絡もなく展開するストーリーも然ることながら、
 登場人物が皆一様に情緒不安定気味で、何を頼りにこの物語を辿ればいいのか理解に苦しむ。
 ま、じつは、
 その理由となる大きな仕掛けが二つあるのだが、
 それを踏まえた上で、もーちっとなぁ…と。

 閉じ込められた建物から、モンスター(青鬼)の襲撃を避けつつ、謎を解きながら脱出するとゆー、
 ゲームっつーか内容なのだが、
 ポイントとならなきゃいけないのが追われるスリルと謎解きなのに、
 まったくどちらもクローズアップしないで、結果だけしか描写しないんだな。
 喰われた! とか、
 解けた! とか。
 そりゃ、70分で終わるわな、この映画。
 オチの部分に関しては、捻りもしない最低レベルのやり方だったし。

 でもヒットしたんだってね、コレが。

 「青鬼」の出来はいいでしょ?っ て。
 この程度のCGクリーチャーは腐るほどあるわ!

 んで、シリーズ化するんだって。
 それがいちばん恐いわ。


[PR]
by y.k-ybf | 2015-07-04 21:39 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧