映画のまとめ 『オープン・グレイヴ-感染-』、とか。四本。


 なんとか穴から這い上がって、近くの屋敷へ向かってみたら、
 そこにいた連中も皆、記憶を失ってて。(一人だけマトモな奴は言葉を話せず、漢字しか書けないし。)
 誰が誰で?
 何が何?
 な、サスペンス・ホラー。

 針金で巻き付けられた死体、
 監視カメラ、鎖で繋がれた女、カレンダーの印、等々。
 次から次へと現れる謎に対して、展開のテンポが若干負けているのが残念で、
 過去のフラッシュバックも雑なのが気に掛かるが、
 インパクトは十分で、最後までハラハラと楽しめました。

 主演のシャールト・コプリーの、良さそうにも悪そうにも見えるイメージも、巧く逆手にとってますね。
 結局モヤモヤが残るので、スッキリはしないのだが。

 フランス語とラテン語は読めるのに、漢字は読めないのも、釈然とせんしな。


エリア0<ゼロ> [DVD]

キャサリン・ジギスムント,コーリー・アイド/TCエンタテインメント

undefined


 原題は、『エイリアン・アブダクション』。
 たま出版もビックリな、直球タイトル!
 かと云って『エリア0』もだいぶどーかとおもふけど。

 本作は、
 オカルト界では有名な「ブラウン山の怪光現象」を題材とした、
 (宇宙人が)UFO(で地球人を)キャッチャー系の、ファウンド・フッテージ・ホラー。

 本日カメラマンを務めるのは、
 自閉症を患い、カメラ越しにしかコミュニケーションがとれない次男のお子様。
 宇宙人に追われたり、真夜中の山中を逃げ回ったりしながらも、
 絶対にカメラを手放さず壊さず、
 撮影を続ける強い意志を持ちながら、プロ級のアングルやズームもお手のもの。
 真っ暗な小屋の中からでも、逆光でも、原因不明のノイズにすら怯まないテクニックの持ち主。
 どーぞ、よろしくお願いします。

 そんなスゴ腕カメラマンの彼が撮影した、ブラウン山での不思議な出来事が、
 「最期」まで記録されております。

 ま、いつもの感じ、ではあるんだけど、
 勿体ぶる暇もなく、宇宙人の姿を映したり、
 突然、家族愛に目覚めたりしてくれるので、
 退屈しなくて、わたくしは好印象でしたよ。

 あのカメラの捨て方は、どーにかならんかったのか、とはおもふが。


ヒプノティスト―催眠― [DVD]

ミカエル・パーシュブラント,レナ・オリン,トビアス・シリアクス/TCエンタテインメント

undefined


 スウェーデン産、ハード系のサスペンス。
 家族が惨殺されて、一人だけ一命を取り戻した息子は、まだ意識も混濁していた。
 そこで催眠療法の名医が呼ばれることになり…。

 ってゆーぐあいに、
 ストーリーはミステリアスに展開し、隠された陰謀的なモノへ広がるのかなー、
 とおもっていたら、意外と小さくまとまりました。

 考えてみれば、足の裏ぐらい気付けよって話だし。
 凶器とか指紋とか、身体の傷口とかで判ることばかりなんだよな。
 あの姉ちゃんも、何をそんなに怖がっているのか。
 喋れば済む話だろーに。
 と、おもふのは、刑事モノの観過ぎだろーか。

 夫婦倦怠モノとしては、よく出来ておりました。
 このババアの身勝手な考えとかな。
 な。


 予想不可能な角度を攻めてくるので、侮れない。

 サンタクロースの秘密が暴かれる!
 って内容なのだが、
 イヤイヤ、そんな邪悪な発想がそもそも無いから。
 フルチンの小汚いジジイを妖精だと云われても…。

 もっと血ミドロで凶悪な展開を想像していたが、
 まさか、お子様が主人公の映画とはねぇ…。


[PR]
by y.k-ybf | 2015-07-21 10:08 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧