『仮面ライダー・ドライブ サプライズ・フューチャー』、と他一本を、観た。


映画パンフレット『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』『手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!』通常版

null

undefined


 やっと8月の忙しい期間から解放されて、
 さあ、映画でも観るかと春日部イオンへ向かって観たのは、
 『仮面ライダー・ドライブ サプライズ・フューチャー』。
 まだ「ジュラシック」も「スパイ大作戦」も観ていないのに!

 「仮面ライダー・ドライブ」は、
 主人公が公務員の警察官で、正体も一般に公表されたり、
 捜査チームモノとゆーか組織の一端に位置していたり。
 何より、バイクじゃなくて車に乗るライダーってことで、
 シリーズとしてもかなり異質な作品になっております。
 じつはハードでクセのあるドラマや、マイノリティな敵怪人の設定など、
 意欲作でもあるので、
 わたくしの個人的評価は高いのだが、
 なんか、
 世間の反応は、、、。

 ま、デザインはさておき、
 今回のガジェットとなる「シフトカー」が、ハマらなかったんかなぁ?

 とゆー、
 そんな夏の映画は、戦隊シリーズと同時上映の二本立て。
 基本、
 共演はなく、単独作品になります。

 未来から息子と称する若者がやってきて、
 危機が迫ってますよーって伝えて云々みたいな、そんなストーリー。
 「ターミネーター」系のストーリーで、
 いつもの「ドライブ」でしたが、
 ネタバレ部分が大きいので、あまり説明も出来ず。
 大胆な仕掛けもあり、細かいツッコミドコロも当然あるけども、
 本筋はズレていないので、
 釈然としないモヤモヤ感はなかった。助かった。

 夏の「仮面ライダー」映画は、
 シリーズの+αエピソードとして、安定しております。
 CGの使い方もよかったし、
 「息子」役の真剣佑が、
 さすが千葉真一の息子、見事なアクションでしたよ。
 「ドライブ」が好きな方には、安心してオススメできます。

 次の仮面ライダー、「ゴースト」もちょこっとだけ登場しましたが、
 これも一風変わったライダーで、
 予想以上にゆらゆら~っとしておりまして、悪くなかったですよ。


 「ニンニンジャー」は、テレビのまんまでした。


[PR]
by y.k-ybf | 2015-08-28 21:28 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧