『ジュラシック・ワールド』、観た。


【チラシ付映画パンフレット】 『ジュラシック・ワールド』 出演:クリス・プラット.ブライス・ダラス・ハワード.タイ・シンプキンズ

東宝東和

undefined


 3D吹替で、『ジュラシック・ワールド』を観た。
 これは、傑作と云っても過言ではなく、たいへん面白かったですよ。

 まずね、
 遂にオープンとなった「ジュラシック・パーク」改めて、「ジュラシック・ワールド」の楽しげなこと!
 コレは行ってみたいぜ!
 とおもわせるアトラクションの説得力が見事で、
 なんつってもモササウルスの雄大な迫力が、何度観ても感動すら覚える。
 (サメをエサにしてるのも、スピルバーグ繋がりでいいですな。)

 またパーク…じゃなくてワールドが完成してるコトで、
 前作までにあった冒険感が薄まり、代わりにパニック感が増してるのも、
 シリーズ4作目としては良い変化になったとおもふ。

 そして、
 本作のある意味主役とも云える、遺伝子組み替えである恐竜「インドミナス・レックス」。
 この凶暴で残忍で狡猾なハイブリッド恐竜が、まー暴れに暴れる大活躍。

 「囲いの壁を高くした方がいい」って会話を前フリに、
 壁に爪痕を残すことで、
 乗り越えたと錯覚させるし。
 体温をコントロールできるとゆーハイブリッド性能が、
 中盤の、あるビックリな特徴と連鎖してるし。
 体が白いってのも、なんか人工的な感じで。
 悪役として大合格な設定、とゆーか、計算された演出が絶妙ですよ。
 こりゃ逃げるな、とおもえるしね。
 (遺伝子組み替えについて、一作目のアニメーションが使われてるのも気が利いてます。)

 そんな自然の道理から外れたインドミナス・レックスが、
 ラストに、
 あのよーな対峙を見せるのも、理にかなうといいますか。
 「オマエのよーな紛い物など認めるか」とゆー、生物の怒りを感じるシーンでもありました。

 「ジュラシック」シリーズは、
 基本、
 全部結末は同じ、テーマも一緒で。
 「生命を尊重し、自然を侮るな」と、
 今作もそのテーマは受け継いでいるなとおもいました。
 それが、
 あの咆哮である、と。

 主演の銀河番長ことクリス・プラットは、
 も、貫禄すらある主役っぷりだったし。
 おバカ女社長のヒロインも、フシギと応援したくなる感じで良かったです。

 子供の好奇心とかイタズラが騒動の原因じゃなくて、ホッとしました。

 只、
 恐竜の軍事利用を企んでいたヤツが、
 結局、何をする気だったのか、よく判らんかった。
 鎮圧はできたよーだけど、その描写が殆どないしな。
 つか、
 あの騒動がなかったら、どーするつもりだったんだろ?

 そんで、
 監督はコリン・トレボロウって方で、
 あの、『彼女はパートタイムトラベラー』の監督さん。
 あのって云われても困るとおもいますが、
 小さな作品のわりに丁寧な展開と、大胆な仕掛けのバランスが印象に残る良作でしたよ。
 (ざっくりした感想は、コチラに。)

 しかも長編はこれで二作目だっつーんだから、、、
 選定したヒトが凄いよな。

 それと例の、
 「歯が足りない」問題ですが。
 意味として洒落てて、悪くないとおもいますよ。
 「歯が立たないよ」とか云わせるよりも。

 玉木宏の吹替も、
 予告より、全体で聞くと違和感はなかったです。
 オリラジのメガネじゃない方は、ハッキリと酷かったけども。

 3Dに関しては、
 本作は2Dから変換した所謂ナンチャッテ3Dなのだけど、コレが悪くなかったんだな。
 むしろかなり観易くて、快適でした。

 と、記しておく。


[PR]
by y.k-ybf | 2015-08-30 09:39 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧