実写版『進撃の巨人』後編、観たよ。


【映画パンフレット】進撃の巨人 ATTACK ON TITAN PART2

東宝

undefined


 9月28日、やっと実写版「進撃の巨人」後編を観てきたよ。
 夕方の大型スクリーン(ウルティラ)での回だったのに、
 お客さんが10人もいない貸切状態で、すげー寂しかったよ!

 後編公開から丁度十日目、
 出来る限り情報は遮断してきたが、漏れ伝わってくる感想と評判を受け流しつつ、
 「たまふる」の宇多丸評だけはしっかり聞いてしまいましたが、
 前編と比べると世間の反応が妙に冷ややかで、炎上すら起きないとはいよいよヤベーのか、と、
 身構えつつ期待しつつ、鑑賞に挑んだわけですが。。。

 これが、おもしろかったんですよ。
 意外にも。

 誤解のないよーに断っておくが、
 前編で悪かった点はまったく改善されておらず、クサくてダサい演技と演出はそのままで、
 ベラベラ説明してくれても要領を得ず、バカがバカなこと喋くりあってんな、と、
 テンションも上がらず、冷静なままに。
 しかし。
 映画独自のストーリーや結末へ向かう展開は、
 原作をなぞった前編にはなかったし、足りなかった部分だと気がついた。
 前後編に分けたことにはいまでも反対だけど、
 原作を再現すると共に裏切らなくてはならないとゆー、
 面倒臭い役割を押し付けるには、前編は必要悪だったのではないか、と。

 立体起動のアクションも、
 相変わらず、
 ドコとドコが繋がって動いてるのか理屈が判らないままでしたが、
 後編の方が巧く使ってた気はする。
 巨人同士のバトルも、フィニッシュ以外は悪くなかったし。
 (あそこは、
  あれわっ! と気付いた表情とカットを一瞬だけ入れてフィニッシュ、にすれば、
  まだマシだったのにね。テンポが最悪。)

 左門豊作みたいなデブくんの行動と末路には驚かされましたが、
 こーゆー場面こそ知恵と工夫が活かされる時で、
 まさにあんな力業じゃなく、映画ならではのことが出来たんじゃないかな。
 立体起動をニンゲンに向けて撃つ、とかさ。

 例の白い部屋も、アンティークなジュークボックスが置いてあって、
 「エンド・オブ・ザ・ワールド」が流れる異空間な感覚は悪くなかったけど、
 インパクトとしてはあまり強くなかったのが、残念。
 目覚めて、拘束。
 目覚めて、白い部屋。と、続いたからね。
 んで、
 単純に、部屋が狭い。お洒落なカラオケルームみたい。
 壁とか、もっと白く輝かせてほしかった。
 appleのリモコンは、論外として。

 予告を観た時は愕然とさせられた今回の石原さとみは、
 すっかり狂人キャラに仕上がってて、やはりステキでした。
 まるで存在しないかのよーに、ガン無視されてたけど。

 三浦春馬については、、、特にないです。


 とゆーよーに、
 ハードルを目一杯下げて観ると、
 そこまで悪いわけではないし、必死になって叩かないといけない作品でもないと、おもふよ。
 前回に比べてストレスが少なく感じたのは、
 こーゆー作品だと判っていたのと、後編にはストーリーの太い流れがあったからだと。
 考えてみれば、前編はエピソードの継ぎ接ぎでしかなかったな、と。

 未だに、
 「原作とは違う!」って怒ってるヒトもいるけど、
 うん、原作とは違うから。
 早くアタマを切り替えてくださいな。


 それと、この映画で一つ、判ったこともあって。
 町山智浩さんが脚本に加わり、製作の過程を伝えてくれたことで、
 「考えたモノ」、
 「作ったモノ」、
 「出来上がったモノ」が、
 微妙に改変されてゆく、邦画のカラクリを知ることができた。
 そこを実証しただけでも、
 この映画には意義はあったんじゃないかと、強引に〆たいとおもふ。


 (映画を観た後は、
  是非とも映画秘宝11月号の、町山×柳下対談をセットでご覧ください。)



[PR]
by y.k-ybf | 2015-10-02 20:43 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧