駄作の奇作。『ギャラクシー街道』。


【映画パンフレット】ギャラクシー街道  監督 三谷幸喜 キャスト 香取慎吾、綾瀬はるか、小栗旬、優香、西川貴教、遠藤憲一、段田安則

TOHO

undefined


 「やっぱり猫が好き」直撃世代であることや、
 舞台を原作とした『12人の優しい日本人』をオールタイムベストに入れていたことは、
 以前にも話した気がするので、省略。

 前作『清洲会議』も、
 気に入らない箇所は多々あるが、総合的には盛り返したな、と、判断していた。

 三谷幸喜監督最新作、『ギャラクシー街道』。

 公開直後から、
 燃えたぎるよーな批判がネットで飛び交い、
 笹食ってる場合じゃねえ! 級の勢いで、わくわくしながら観てきましたよ。

 うん、
 噂以上の、ダメ映画でした。
 この状況で下回るんだ!?
 とゆーフレッシュな快感すら感じている。

 粗筋とか設定は、
 テレビで流れてる15秒ぐらいの予告を観てください。
 アレです。アレだけ。

 まず、
 ストーリーが無いことに驚いた。
 宇宙に浮かぶハンバーガー・ショップを舞台にした群像劇、
 であるとおもふが、
 エピソードがポツン、ポツンと始まり、
 段々と軸になるストーリーが見えてくるのかなぁ? と、待つこと一時間超過。

 ああ、まさか…。
 まさかの、
 本編が無い映画。奇作でした。

 いや、ね。
 ストーリーは、あるにはあるんだけど、、、
 綾瀬はるかが×××される話だよね? コレ。
 (もしくは、デリヘリで浮気したいけど性病が怖くて悩む男の話、か。

  香取君のエピソードは、
  アレは普通、只の「設定」だしな。)

 何故こんなゲスな話を…、
 と思い返してみると、
 他のエピソードも差別や偏見やらで、
 まったく「様々な宇宙人が来店するお店」が活かされていない。

 活きていないと云えば、
 寂れた街道の、寂れたお店、って設定なんだけど、
 けっこうお客さん来るんだよね、この店。
 次から次へと。
 全然寂れてない。根幹からブレている。

 香取君はハンバーガーに思い入れがあって、お店の店長をやってるみたいだけど、
 自分で調理するシーンとか、無いよね?
 ぜんぶ他人任せで。(しかも、あんなヒトに。)
 つか、
 チェーン店、なの?
 そこを勝手に辞めるとか、改装するとか話してたの?
 店中で、
 デリヘリの斡旋が行われているのは、アリなの?

 一々何かが、ふわっふわしてるから、作品の意図がまるで判らない。

 あと、
 香取君、腕が長すぎて、コワいわ

 中身はないし、
 群像劇としてまとまりもないし、
 設定が死に体、
 ツマラナい。

 とゆー、ね、
 三谷幸喜の悪いトコロだけを煮詰めたよーな、悪夢映画。

 あ、
 面白いトコロもありましたよ!
 大竹しのぶと、
 キャプテンソックス、
 遠藤憲一の赤ちゃんだけは、面白かった!

 合計3点!(100満点で。)


 しかし。
 悪夢は映画だけではありませんでした。

 映画館の丁度真ん中あたりの席に、一人で座って上映を待っておりました。
 真後ろの席には、女性客が二人。
 左側3つ空けて、老夫婦が二人、座っておったのですが。
 上映ギリギリに若者男子三人組が、
 なんと、
 左側の3つ空いてる席に座りやがんの。
 マジか!? と。
 この全席指定、空席状況もモニターで確認できるシネコンで、
 わざわざ客と客の間の席を取るかね!? みっちりと!!
 (わたくしは早めに、確認して取りました。)

 しかもだ!
 この三人と、老夫婦二人、後ろの二人。
 おそらく三谷幸喜の現役ファンで、かなりのゲラ。
 笑う以前に困惑しているわたくしを余所に、
 終始、
 ゲラゲラ笑っておりました。

 ・・・新種の罰か何かか、コレわ。まさに悪夢。

 でもね、
 こんなに笑ってくれるヒトがいるなら、そりゃ人気もあるわなー、と、
 実感できただけでも、収穫とする。
 この犠牲は無駄ではない。


 そして最期に一つだけ、
 テレビでやれ

 以上です。


[PR]
by y.k-ybf | 2015-11-03 21:24 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧