『ナイトクローラー』、観た。


NIGHTCRAWLER

null

undefined


 感想、書き直しました。
 観た直後、
 フードコートで一人でメシを食べながら書いたモノが、
 あまりにルイスと変なシンクロしてしまったので、書き直し。

 この物語の主人公ルイスは、
 社会に適応できないのではなく、
 適応以上に同化してしまった、具現的な存在なのだな。
 だから、
 自らに強固なルールを持ち、不要なものならヒトの命すら切り落とすのだ。
 どちらかと云えば、システムに近い。
 富や名声を得る為の、非情なシステム。
 時に、それを人々は利用し、
 時に、それは社会を支えてもいる。

 ルイスを肯定も否定もできないのは、
 完全な個であるが故に全であって、
 現代の社会をフラットに映す、鏡そのものだからだ。

 リアルはフェイクとなり、フェイクはリアルとなる。

 夜景の写真が、
 モニター越しにはリアルに映るよーに。


[PR]
by y.k-ybf | 2015-11-09 11:02 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧