映画のまとめ 『喰女』、とか。四本。


喰女‐クイメ‐ 特別版(公開版・DC版併録) [Blu-ray]

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

undefined


 企画にも名前がありました、市川海老蔵が主演、
 三池崇史監督の、本格ホラー。

 「四谷怪談」を題材に、
 劇中劇のリハーサルと、オフのプライベートとゆー二つのドラマを交錯させる構成が、
 素晴らしく効果的。

 リハーサルとゆー独特な閉塞と、現実の不穏。
 それぞれで語られる異なる怨念が、やがて結び付く流れが、また良い。

 ま、なんつっても、
 共演する女優を喰いまくる男優役を、海老蔵が演じる説得力。
 実体験なのかなー、と、
 ついつい妄想してしまふ「たらしぶり」は、流石でした。

 ホラーとゆーか、怪談映画。
 三池作品、久しぶりな当たりでした。


 「人狼ゲーム」シリーズとして捉えた方が分かり易い、本作。
 ストーリーは続いておらず、
 キャストも違い、ルールも若干変更されている。

 ほら、続編じゃないでしょ?

 シチュエーションと、軟禁される建物は同じ。
 あと、ストーリーも。

 人狼ゲームをします!
 以上、粗筋終わり。

 前作との違いは、
 主となる人物が「人狼」で、その視点から語られること。
 要するに、
 誰を狙うか、どーやって襲うか、誤魔化すか、とゆー能動性がストーリーを展開させるので、
 退屈な反復にはなっていない。

 監督は同じヒトだけど、
 脚本のヒトが変わってるので、その影響かも。
 会話とかリアクションも悪くなかったです。
 (土屋太鳳作詞作曲のあの曲はさておき。)

 只ねー、相変わらずボロボロしてる箇所もあって。
 いくら手慣れているとは云え、あんなに上手く殺せるか?
 とか、
 素直にゲームに参加しすぎじゃね?
 とか、
 あのラストはいろいろマズくね?
 とか。
 そんなボロボロの中、
 いちばんヒドいなとおもったのは、じつはエンディングの曲で。
 土屋太鳳が散々っぱら劇中、痛々しくも歌っていたのがパンクロック調の曲なのに、
 あんな静かな落ち着いた曲をエンディングに流すかね?
 展開的にもアウトですよ。
 しかも、途中でフェードアウトするしな!
 フルで流さねーのかよ!

 大人の事情でしょーが、
 逆効果でしかないんだよな、こーゆーの。


 疎遠だった父が住む実家へと戻ったら、
 そこはお化け屋敷系の、ストレートなホラー。

 古くて汚れた家、
 信用できない父親、
 二階からの不自然な物音、
 亡くなった母が残したビデオテープ、
 沼の対岸に灯る謎の光、と、
 ホラーの定番とも云えるポイントはしっかり押さえてあり、
 更に、
 身体が不自由で身動きできない主人公の判り易さ。(作り易さとも云う。)

 シンプルに展開するストーリーは堅実で、安心のホラー映画にはなっている、
 が、
 投げっぱなしのズドンと終わるラストは、如何なものか。
 定番ポイントは押さえた、だけ。
 伏線らしいフリも特に活かせず。
 起承転結の、
 「承」の「ょ」のあたりで終わっちゃう。

 や、こっからだろ? と。
 それからどしたの? と。
 結局、怪しい二階には上がらないのかよ!

 クロエ・モレッツがギリギリ不細工になったよーな顔の主人公も含めて、
 いろいろ勿体無いホラーでした。

 「前編」としては、おもしろいです。
 (「後編」など存在しませんが。)


KRISTY クリスティ [DVD]

ヘイリー・ベネット,アシュリー・グリーン,ルーカス・ティル,ジェームス・ランソン/TCエンタテインメント

undefined


 所謂、
 追われる羊が逆襲して狼を喰い殺す系の、サスペンス・スリラー。

 全生徒が里帰りしてる中、
 たった独り(&警備員、メンテナンス係)で寮に残った理系大学生女子が、
 カルト殺人集団の標的にされて…。

 とゆー、
 小ぢんまりとしつつ豪快なストーリー。

 ハッキリ云ってしまいますが、
 主演のヘイリー・ベネット可愛さで観てしまいました。
 『イコライザー』では、クロエと仲良かったけど殺されちゃう子ですな。
 ジェニファー・ローレンスにちょっと似てるけど、そこまでエロくなく、ちと影がある。

 そんな子が、無人の大学校内をあっちこっちと逃げ回りながら、
 理系の知識を‥‥‥ちょっとだけ活用して反撃するのです。
 釘バットは、間違いなく理系ではないが…。

 とくに理由もなかった電灯のパチクリや、
 無個性なカルト集団、飛躍過ぎな結末。
 捻りもないシンプルなストーリーに好みは分かれそーだが、
 主演頼りの、
 ある意味アイドル映画ではないかと頭を切り換えれば、かなり楽しめましたよ。



[PR]
by y.k-ybf | 2015-11-22 11:04 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧