映画のまとめ 『ゾンビ・コップ』、とか。五本。


ゾンビ・コップ[DVD]

トリート・ウィリアムズ,ジョー・ピスコポ,リンゼイ・フロスト,ダーレン・マクギャビン,ヴィンセント・プライス/マクザム

undefined


 88年公開の、
 捜査中に死んだ刑事がゾンビになって甦ってもそのまま捜査を続行する、
 まさに「ゾンビ・コップ」なバディ映画。

 これぞ八十年代ハリウッドB級映画の大王道と云わんばかりに、
 ずーっと軽口叩きながら、
 安っぽいストーリーと安っぽいアクションに、
 不釣り合いな迫力のスプラッターSFXがぶっ込まれております。ぶっ込みます。

 コレコレ!
 テレ東が木曜の九時に放送してたよーなヤツ!
 と、
 クオリティに反して、妙に盛り上がって楽しんでしまった。

 監督は後に、名編集マンとして名を馳せる方で。
 どーぞ、そのキャリアを検索してみてくらさい。



 カンフーとゆーか太極拳の達人で、非常に見栄えがよく、美しい体術だ。
 老師役に『少林寺』でお馴染みのコエ・ハイや、
 対戦相手として『ザ・レイド』のイコ・ウワイスをキャスティングするあたり、さすがキアヌ。

 ストーリーにツッコむのは野暮な、カンフーアクションを楽しむ映画。

 只、一カ所だけ、
 キャストが突然、カメラに触れるシーンには吃驚しましたよ。唐突で。


エデン [DVD]

ジェイミー・チャン,マット・オリアリー,ボー・ブリッジス,ジニーン・モンテロッサ/TCエンタテインメント

undefined


 トゥルー・ストーリー、だそーで。
 誘拐した少女を扱う、未成年専門の売春組織の実態を、
 (おそらく実体験を基に)内部から描く。

 こんな映画みたいなことが…とおもえる内容だけど、
 事実だっつーんだから、信じるほかない。
 社会の闇の深さ、云々と。

 ほぼ軟禁状態で監視される二十人程の少女。
 顧客は富裕層だとしても、売り自体は街中で行われており、
 コレが成立するの? って疑問がまず湧くのだが、
 成立するんだろーな。。。

 と、
 少女たちの過酷な運命に驚きつつ、
 リスクが高過ぎるよーにしかおもえない「商売」に、戸惑いを覚える。

 映画的に、エピローグは欲しかった。
 これではあまりに救われないし、
 むしろフィクション性が増して、作品としてマイナスだ。
 実際にはどーなった、とか。
 現在はどーなのか、とか。
 少女売春の現状を訴えるメッセージも不可欠ではないのか。

 トゥルー・ストーリーだとぬかしたからには、
 やることはやらないと、ダメですよ。



 ジャン=ピエール・ジュネが描く、
 一風…どころか、かなり屈折してるロードムービー。

 アメリカ西部に住む、家族にさえ理解されていない天才少年が、
 無賃乗車の貨物列車で旅をするとゆービジュアルは、容易に少年の成長單を想起させるが、
 本作はやや複雑な家庭事情が絡み、
 また監督自身のハリウッドでの苦い経験が加味された上に、
 全編ワンシーンたりとも舞台のアメリカでは撮影されていないとゆー、
 見事な屈折ぶりなのだ。

 ベタな材料だからこそ、ベタに仕上げない。
 家族愛とゆーモノが、
 一つの理想だけではなく、家族それぞれの形であるよーに。

 それは判る。
 共感できるのだが、
 目的地に辿り着いた後の展開には、接合点が見当たらないとゆーか、
 それ要る?
 みたいな違和感を感じてしまふ。

 映像はホント素晴らしく、
 3Dで観られなかったのが、悔やまれる。


ダークハウス [DVD]

マリア・ベロ,フランク・グリロ,コディ・ホーン,ダスティン・ミリガン,ミーガン・パーク/TCエンタテインメント

undefined


 ジェームズ・ワン製作の、ホラーハウス・ホラー。
 ホラーが重複しております。

 「ファウンド・フッテージ」をそのままストーリーに組み込み進行させるのは、
 意外と珍しく、新鮮なアイデアだとおもふ。

 事件を調査する刑事側のドラマと、真相に迫るオカルト側のドラマ。
 一度に両方が楽しめる…とはいかず、
 やはり中途半端な印象とゆーか、
 謎が先送りになればなるほど展開が遅れてストレスが溜まる問題がまったく解消されていないので、
 そこで終わるのかよ!? 感がより強まる。

 実際、このタイプのホラーをやるなら、あと二歩ぐらい踏み込んでくれないと。
 「悪魔が召喚された」後の世界が、観たいんだけどな。
 本当わ。


[PR]
by y.k-ybf | 2016-01-08 11:34 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧