映画のまとめ 『ある優しき殺人者の記録』、とか。六本。


 ほぼワンカットの長回しみたいな撮影は臨場感ハンパないけど、
 シチュエーションとキャストの限界も容赦なく映してしまい、リアルさが損なわれ、逆効果に。
 しかしラストの展開が、
 ちゃぶ台をぐるんとひっくり返したと見せて、ピタッと見事な着地を決める。
 マジックのよーなラスト。

 微妙な例えかもしれんけど、
 「世にも奇妙な物語」で、
 不条理なエピソードがオチをズバンッ! と決めた時のよーな、何とも云えぬ快感があった。

 これわ面白い。


 観たのもだいぶ前なので、どーしたものかと。。。
 続編の映画も公開間近なこのシリーズ。
 刑事バディモノでもありまして、
 アクション系ではないけど、安定したサスペンスでしたよ。
 「ドラゴン・タトゥーの女」と、まー、似てるっちゃ似てるかなー。
 あんな複雑な話ではないが。

 とゆー、
 すっかり記憶も朧気なので、こんな感想になってしまいました。すみません。


 そーか、ノワールだな、コレ。

 どーにも肝心な部分がぼやけてしまふのは、
 敢えて遠回しに作品の軸を見せているのに、
 マーク・ウォールバーグ、ラッセル・クロウの役者力が強すぎるため、
 回した円が想定とは違う軌道を描いてしまっているのだな。

 骨太な脚本の渋味が、キャストのインパクトに負けている。


嗤う分身 [DVD]

ジェシー・アイゼンバーグ,ミア・ワシコウスカ,ウォーレス・ショーン,ヤスミン・ペイジ,ノア・テイラー/ポニーキャニオン

undefined


 原作がドストエフスキーの「分身」だっつーのが、既におもしろい。
 わたくしは読んでないけどね、ドストエフスキー。

 この映画の異様で不穏な雰囲気は冒頭から徹底しており、
 作りモノのガラクタのよーな世界観、レトロなディストピア感は、
 テリー・ギリアムの『未来世紀ブラジル』を連想させる。
 あれもドッペルゲンガー系とも云えるしな。

 自分の分身の代役を自分で演じる、ペルソナ感覚や、
 日本の歌謡曲が効果的に使われる演出など、興味深いトコロが多く、飽きなかった。

 正直、
 あのラストの意味は、よく判らんかったです。
 そこは、突き抜けてほしかった。


フロム・ザ・ダーク [DVD]

ニアム・アルガー,ステフェン・クロムウェル/ポニーキャニオン

undefined


 詰まらん。
 そして、暗い。

 吸血鬼かなんか知らんけど、
 襲ってくるヤツは光に弱い設定なので、自然と真っ暗闇な画面が増える。

 暗い。見えない。
 詰まらん! (二回目)


 観ようとおもったのか。
 自分でも覚えがない。
 「マーズ」とゆーから火星が舞台のSFモノかな? とおもっていたが、まったく違った。
 当然、六神合体でもない。
 (※正解は、主人公の名前。)

 オープニングからいきなりスゴい勢いでコレまでのあらすじ的なコトを喋り始めたので、
 もしかするとテレビドラマの映画版かな? と、ぼんやり察した時点で止めればよかったのだが、
 つい、ぼんやりと最後まで観てしまいました。
 存在すら知らなかったテレビドラマの映画を。

 地域格差が腐敗と癒着を生み、スクールカーストにまで影響を及ぼすなか、
 街社会へ立ち向かう若者たちを描いたドラマ、みたいな感じで宜しいのでしょうか?
 よく喋る勝ち気な女子が主人公のわりに、テーマはシリアスで重かったよーです。

 以上、観てないドラマの妄想終わり。

 そんな、
 かつて学生探偵とゆートラブルメーカーだった彼女が、
 ある事件をきっかけに地元の街へ戻ってくる、とゆーのが本作のお話。
 ドラマ前提に進行する映画は、
 初めて見る「おなじみの」登場人物ラッシュで戸惑いましたが、、、
 うん、
 いい終わり方だとおもいましたよ。
 いろいろ気になるトコロもありましたが。
 タブレットの件とか。
 ジェームズ・フランコが本人役で出てくる件とか。


 しかし、2015年最期に観た映画が、これとはな…。



[PR]
by y.k-ybf | 2016-01-08 23:23 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧