2015年、ベスト&ファニー映画。その2(旧作)。


 旧作とゆーか、
 公開年に関係なく、劇場ではなく自宅で観たヤツの、ベストテン。

 いろんな意味で新作との差がハッキリ判る、偏ったランキングとなっております。


 ⑩『恋のゆくえ ファビュラス・ベイカーボーイズ
 ⑨『トロピック・サンダー 史上最低の作戦
 ⑧『プロジェクト・アルマナック
 ⑦『ザ・ベイ
 ⑥『LEGO(R) ムービー
 ⑤『イコライザー
 ④『ファイティング・ダディ
 ③『ダラス・バイヤーズクラブ
 ②『めぐり逢わせのお弁当

 そして一位が、
 ①『ゲッタウェイ スーパースネーク


 あのね。
 だいぶナニソレ? ってランキングになってしまったのは、重々承知しております。
 クオリティではなく、偏愛で選んでおるので。

 『プロジェクト・アルマナック』など、
 重箱の隅ドコロじゃない疑問点があっても、
 タイムマシーンを手に入れた若者の有頂天ぶりが、最高なんですよ。
 あ、
 それ、やるやる。みたいな。

 『ゲッタウェイ スーパースネーク』も、
 どちらかと云えばよく叩かれるタイプの映画で、犯人側の屁理屈が屁過ぎたりするけど、
 やはり実車のカーチェイスはおもろかったし、
 ラストの、車載カメラ長回しとゆー迫力は見逃せなかった。
 つか、
 誰がこの映画を評価するんだ!?
 とゆー、妙な意気込みも感じてしまいました。

 なので、
 二位が踊らないインド映画、
 しかもロマンスモノとゆー、まったくわたくしらしかぬ一作が並ぶ事態に。
 これはでも、お弁当。お弁当ポイントが七割。
 わたくしは好きな食べ物の欄に、「お弁当」と書くぐらいお弁当が好きで。
 ついでにお弁当の箱、容器も好きなちょっとした変態なのですが。
 『めぐり逢わせのお弁当』にはそのお弁当がたんまりと、
 しかもお国柄独特の中身、容器、配達システム! で登場するものだから、
 しずる感のしずる具合がじゅるじゅる鳴りっぱなしなわけですよ!

 あ、ロマンスの方も、いい感じでしたよー。
 いいですよー。

 ロマンスと云えば、十位の『恋のゆくえ ファビュラス・ベイカーボーイズ』。
 じつはそっち系ではなく、
 自分らしい人生を踏み切れないヒトたちの話で。
 切なくともあたたかくラストが、とても印象に残りました。

 『イコライザー』が五位になったのは、
 ユーモアの点で『ファイティング・ダディ』が上回ってたから。
 邦題でガックリするけど、
 息子を殺された地味な親父がマフィアにリベンジする、
 じつは殺人マシーン…ではなく、除雪車に乗った死神だった映画。

 『LEGO(R) ムービー』は時間の経過と共に順位は下がってしまいましたが、
 クリエイティブについて、とても大切なテーマを扱っているので外せませんでした。
 お気楽なバカ映画だけども。

 数多く観たPOV系、モキュメンタリーでいちばん面白かったのは、
 『ザ・ベイ』になるかな?

 『ダラス・バイヤーズクラブ』は、も、マシュー・マコノヒーですね。
 そんなマシューも出ている『トロピック・サンダー』は、バカ映画枠。


 オマケで、
 順不同にもう十本選んでみましたよ。

 ・『メトロ42

 節操の無さが、よく現れております。


 その3へ、続きます。


[PR]
by y.k-ybf | 2016-01-18 00:02 | 映画/100 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧