『バトル・オブ・スカイアーク』 まずタイトルに負けている映画。


 巨大な宇宙船っつーか円盤型のコロニーを製造し、移住を完了した。
 暫くするとコロニーの人口は飽和し、貧困者や犯罪者は強制的に退去させられ、反逆者は処刑されていた。
 残された遺族の子供らは、
 罪人の子として傷を刻まれ、流刑の地、地球へと落とされる…。

 と、たぶんこんなストーリーで。
 この粗筋の時点でいろいろツッコミたいのだが、
 本編がだいぶグラつくことになるので、そこはスルー。

 冒頭、主人公の男の子がカプセルに乗り、どしゃーんと地球に落下。
 終末感漂う荒廃した地球…を表現するため、航空機のスクラップ置き場みたいな場所で撮影されております。
 地球に送られるのは子供ばかりで、
 力を合わせてグループを結成し、暮らしております。
 イヤな予感がじわじわします。
 スクラップを集めて服にしたり、武器を作ったりしていますが、
 食料はどーしているのだろう?
 そんな疑問には誰も応えず、
 凶悪なモンスターが現れて、子供たちを襲います。

 このモンスターの造形がホントにヒドくて、
 サイバーニュウニュウのメカエルビスかとおもふほど、ハンドメイド感剥き出しのモンスター。
 荒廃した地球には東急ハンズなどないからなぁ…と、時代の厳しさに目頭が熱くなる。

 しかし子供たちには希望となる伝説があった。
 腕に13の傷をもつ救世主が現れて、自分たちを救ってくれるとゆーのだ。

 その傷ってのは、地球に送られる際、カプセル内で刻まれるもので、
 要するに、
 送る側の匙加減なわけだが、それが何故に救世主の証なのか。
 そもそも伝説とか云ってるが、
 伝説ってことは発端になった者や伝えた者がいたわけで、でも、こんな状況になってから歴史は浅く…。
 スルー、スルーだ。

 助けてくれた上、救世主としてモテモテに歓迎してくれた仲間がモンスターに襲われて負傷しました。
 怪我を治すには、モンスターが隠し持つとゆー万能薬「ブルードロップ」が必要に。

 荒廃した世界のわりに、そんな便利なものが!

 救世主は仲間のリーダーと二人で、
 モンスターの住処にあるとゆー、ブルードロップを取りに行きます。
 侵入早々、
 モンスターに襲われ、リーダーが捕まると、
 我らが救世主はあっさりリーダーを見捨てて、ザ・逃亡。
 想像以上のヘタレでした。

 恐いのでしばらく身を隠してから仲間の元へ戻ると、モンスターの逆襲を受けて、ヒロイン以外全☆滅。
 容赦なく子供たちが殺されてます。こんな映画なのに!
 そしたら何やかやでヒロインもモンスターに浚われて、
 やっと救世主、やる気を出します。

 13の傷をもつ伝説の男を探すため、反抗組織から送られてきたアタマがちょっと弱そうな男の子を仲間に加え、
 ヒロイン救出のため、再びモンスターの住処へ向かいます。
 それはさておき、
 どーして組織はもっと頼りがいのある成人男性を送ってこないのでしょうか?

 話を戻します。
 今度はちゃんとモンスターを倒して、
 ヒロインを助けたとおもたら、リーダーがモンスターになっておりました。
 どーやら万能薬だとおもてたブルードロップは、飲むとモンスターになってしまうヤバい何かだったのです!

 いつの時代もソースのない情報は当てになりませんね!!

 救世主と元リーダーとの戦いは、
 まだニンゲンの記憶が残っていたリーダーが、
 「早くお逃げなさい」と、森のくまさん級の優しさで逃がしてくれました。
 ありがとう、リーダー。

 無事に助かった救世主とヒロイン、アホな子と、どっかに隠れてた(&仲間を見捨てた)弓使いの女子の四人は、
 救世主の証でもある腕の傷を高々と突き上げて、反撃を誓うのだった!

 とゆーラストシーンが、
 まんま「ワンピース」にソックリで、衝撃!

 その頃、死んだと思われていたリーダーが、じつは…生きていた!!!

 とか、どーでもいいから。
 ちょっと黙ってろ。

 まさかの、ワンピースネタをぶっ込んでくるとわな。
 弓使いの女子が、云われてみれば「鷹の目のミホーク」にちと似ている。

 大事になって集英社にでも、キャンキャンに怒られるがいいわ。


b0048532_21283400.jpg

            ↑これな。


[PR]
by y.k-ybf | 2016-02-20 21:51 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧