映画のまとめ 『ワイルドカード』、とか。五本。


ワイルドカード [DVD]

ジェイソン・ステイサム,マイケル・アンガラノ,ドミニク・ガルシア=ロリド,マイロ・ヴィンティミリア,ホープ・デイヴィス/ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

undefined


 ストーリーの展開がもう一つ足りない気もしたが、
 ハードボイルド・アクションの秀作でした。
 も、このレベルの映画は余裕なんだろな、クリスマス。
 ちゃんとパターンのスカシも用意してるし、カジノのシーンも面白いしな。

 いつもの伝わりにくい例えになるけど、
 「あと一本借りられますよ?」ってな時、
 どーしてもあと一本が決まらない切り札として、ジェイソン・ステイサム作品が最適過ぎる点はもっと評価されるべき。

 ホームランは少ないが、ヒットを打ちまくる。
 恐るべきピンチヒッターとゆーわけだ。


 カート・ラッセル主演の、詐欺チームによる犯罪映画。

 仲間の裏切りによって解散した詐欺チームが、再び結集して…。
 とゆー、
 ジャンル的にはオーソドックスな作りだが、ストーリーの捻り具合が巧妙で、
 尚且つコメディセンスも優れているので、ぐいぐい引き込まれる。
 カート・ラッセルの役者イメージがミスリードとして効果的なんだけど、
 正直、作品自体も若干、引き摺られており、マイナス効果になってるよーな…。

 とゆーぐらい、
 巧く騙されて、爆笑しました。

 インターポールの、アイツのアホっぷりとか最高でしたよ。

 快作。


タイピスト! DVDコレクターズ・エディション (初回限定生産)

ロマン・デュリス,デボラ・フランソワ,ベレニス・ベジョ/ポニーキャニオン

undefined


 タイプライターのタイピスト版、スポ根恋愛映画。

 主演女優のデボラ・フランソワ演じる、気がつよく負けず嫌いな女性がたいへん可愛らしく魅力的でした。
 タイピングも実際に自分で打ってるそーですな。

 当時を再現するカラフルな美術もポイントの一つですが、
 カタカタカタ、チーン!
 とゆータイプライターの音が好きな方にこそオススメ。
 も、存分に聴けます!
 聴けまくり。


 禁酒法時代、密造酒で財を成そうとする「不死身」の3兄弟の愉快なお話。

 粋がる三男をシャイア・ラブーフとゆーヒトが演じておりまして。
 この眉の下がった、濃いよーな薄いよーな顔に覚えがあるなーおもたら、
 「トランスフォーマー」で主役だったあの子なのだね。

 因みに、長男はトム・ハーディ。
 まあ、不死身だわな。

 ストーリーは要すると、
 家業を守る家族と、政府が裏にいる州法の喧嘩で。
 荒々しい男たちの生き様が描かれております。


 主人公演じるエイミー・アダムスは、複雑で繊細な心理を見事に表現しておりましたが、
 もう一人の主人公、
 クリストフ・ヴァルツが一枚も二枚も上手で、凄まじい達者ぶり。
 水を得た魚とはこの事かと、生き生きと演じております。ペテン師を。

 アートとビジネスの話でもあるけど、
 この二人の人物が絡むことで、ニンゲンの正邪渾然としたココロの深みと淀みにも通じるよーで、
 とても興味深く楽しめた。

 ティム・バートンとゆー、
 メジャーなアウトサイダーの思想が、よく現れている気もします。


[PR]
by y.k-ybf | 2016-04-11 22:09 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧