『シビル・ウォー/キャプテンアメリカ』 ※ネタバレ有り


【映画パンフレット】シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

東宝

undefined


※さっくりネタバレしているので、注意してください。



 前作に位置する『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』への明確な返答が、
 本作のテーマの一部となっとる点が好ましく、
 結果的には、
 賛否がわかれた『ウルトロン』とゆー作品のフォローにもなっているのが、あまりに見事過ぎる。
 マーベルはそこまで計算してこんな大作映画を作っているのかとおもふと、少し恐いわ。

 ストーリーの中心となる「ソコヴィア協定」とは、
 ざっくり云ってしまふと(国連や政府による)ヒーローを監視&管理する法案で、
 要するに、
 「誰がヒーローをウォッチ(監視)するのか?」とゆー、『ウォッチメン』的側面も踏まえてある。
 (「シビル・ウォー」の原作に登場する「超人登録法」とは若干異なるので、
  混同しないで区別した方が分かり易いです。)

 多くの戦闘で心身ともにボロボロ、トラウマまで抱え込んでいるアイアンマンことトニー・スタークは協定に賛同し、
 一方、キャプテン・アメリカは、、、。
 とゆーのが大まかな展開でありますが。
 コレね、
 単純に、賛成派アイアンマン・チームVS反対派キャップ・チームって括られているけど、
 実際は「賛同できない」止まりで、「反対」の意志を固持したわけではないとおもふんですよね。
 わたくしわ。つか、キャップわ。

 キャップがそこで選択したものは何かってーと、彼は「親友」を選んだわけだ。

 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』はタイトルの通り、
 キャプテン・アメリカ三部作の3作目、完結編とゆー位置付けでもありまして。
 その割に地味な活躍で目立ってねーぞ、みたいな不満の意見もチラホラ見掛けるのだが。
 あのね。
 一作目の『ザ・ファースト・アベンジャー』ではスーパーソルジャーとなり、一兵士として戦い抜き、
 二作目『ウィンター・ソルジャー』では政府や組織とゆー存在へ疑問を抱き、
 この三作目で、時代に翻弄されてきた彼は遂に決断するのですよ。
 キャップとしてではなくスティーブ・ロジャースとして、大切なもの、守りたいものは何かを。
 だから、シールドも手放すのですよ。
 も、見事な三部作、成長物語ではないですか。

 アイアンマンは、そんなキャップの対となる存在で、
 もう一つの可能性、選ばれなかった選択肢を体現しているわけで、オイシいとも損な役割だともおもふ。
 あんなにお金も技術も提供してるのに。
 これはシビル・ウォーとゆーよりも、
 一人の人格の内面で争われた葛藤のよーな闘いを描いているのかな、とおもふのですよ。
 (それこそまさに「アメリカ」とゆー国について、とか。)

 最後、アイアンマンが憎しみの衝動に駆られてしまふのも、
 「協定」側のミスになるけど、
 キャップとアイアンマンが一つに重なった瞬間でもある。
 ヒトの「感情」とゆーものに。

 これこそが本作の伝えたいテーマではないかと。
 ヒトと、ココロと。

 今回の事件の真相も、頭では判っていても整理できない感情が悲劇を起こしてしまっている。
 そんな「ヒト」も「感情」も排除されるソコヴィア協定が、どー扱われるか?
 については次作の「アベンジャーズ」へ持ち越しとなりましたが、
 ヒーローとゆー存在の難しさ、その苦悩を、
 現実的な問題と合わせ、
 更に「ヒトのココロ」とは? まで踏み込んだ本作は、やはり新たなヒーロー映画の傑作と云えるでしょう。


 新キャラのブラックパンサー(殿下!)や、スパイダーマン(と、アイアンマンの関係性)、
 アントマンやウォーマシンの大活躍や、
 悪役クロスボーンのステキな暴れっぷりなどについて、まったく触れられませんでしたが、
 エンタメなアクションを、しっかり楽しめる作品になっております。当然に。


[PR]
by y.k-ybf | 2016-05-10 23:14 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧