『貞子vs伽椰子』 ※ネタバレ有


 「呪怨」シリーズの映画は、共にリアルタイムで追っかけておりまして。
 主要な作品はだいたい観ております。
 しかし残念なことに、
 近年のシリーズは共に不調で、終わったコンテンツ感が半端なかった。

 そんな折、
 シリーズの「VS」企画が作られるとの噂を聞き、いよいよか、と。
 悪い意味で、
 いよいよトドメを刺して終わるのか、と。
 観念したおもいで生温かく見守っておりました。

 唯一の吉報は、監督が白石晃士とゆーことで。
 こんな無謀な企画は、
 荒技使い(失礼)の白石監督レベルでないと対応できないだろーと。(※誉めてます。)


 さて。
 先に結論を云うと、
 すげーオモシロかったし、ホラー映画として、ちゃんと怖かった。
 シリーズの設定に引っ張られず、
 きちんと全部整理した上で語り直してる点も、とても良かったとおもいます。
 バラバラの物語を「都市伝説」としてまとめることで、
 これまでの「シリーズ」だけでなく、現実での「作品」をメタ的に表現しているのも、巧い。
 その結果、シリーズの余分な要素もなくなり、
 ここまで削ぎ落としたからこそ、自由に作れたのではないだろーか。

 ニンゲンのドラマパートも、
 アホっぽいとゆーか無責任な感じもするけど、
 何でもケータイで撮影しちゃうよーな現代の若者っぽさがよく出ているのではないか、と。
 (いくら安物でも、ビデオデッキの埃ぐらい拭けばいいのに。)

 そして、
 経蔵と珠緒の、霊媒師コンビの素晴らしさよ!
 二人が現れるだけで、
 コレか!! と、
 思わず出そーな声をぐっと堪えて、
 その見事な、
 怪奇風でありながら少年マンガチックな佇まいに、感動しておりました。
 やさぐれた長身の男と、ツインテールの盲目の少女なんて、完璧ですよ。完璧。
 今すぐ、スピンオフを作るべき。
 とゆーわたくしのココロの叫びはさておき、
 現在の邦画ホラーに不可欠なのは、こーゆーケレン味なのかも。

 料理(監督)するヒトが違うと、こんなに素材は変わるんだなーと、思い知りました。

 只、
 あのラストは期待とは違って、不満が残った。
 有里は犠牲になるし、霊媒師コンビは殆ど失敗してるし。
 ココは、
 一旦、呪いを井戸に封印して、有里と鈴花も無事で。
 安心したトコロに、
 融合した貞子と伽椰子が封印を破り、巨大な呪いの塊となって…。
 とゆー展開の方が、
 まだスッキリしたよーな気もするのだが、如何であろうか。
 あの瞬間、鈴花が有里を助ければ済むだろーし。

 と、
 不満はこの程度で、ホント予想外に楽しめた一本でした。
 この路線なら、シリーズの続きも観たくなりました。


[PR]
by y.k-ybf | 2016-06-27 00:23 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧