遠くて遠い、火星を舞台にした映画。二本。



 『オデッセイ』公開に合わせのだろー、
 火星を舞台にした特集がありまして、観たんですよ。
 ところがねー…。
 『オデッセイ』を観た後だと、ある部分が気になって…。


ラスト・デイズ・オン・マーズ【DVD】

リーヴ・シュレイバー,イライアス・コティーズ,ロモーラ・ガライ,オリヴィア・ウイリアムズ,ジョニー・ハリス/TCエンタテインメント

undefined


 13年公開の映画。
 火星の生態調査?に訪れたチームが、任期最終日に驚くべき発見を記録して…。
 とゆー展開から始まる、SFホラーですな。

 自分勝手に調査を強行するヤツや、手柄を独り占めするヤツ、裏切るヤツなど、
 まー兎に角、チームの仲が悪い。
 そんなギスギスしてっから、上手くいかんわなあ。

 発見とゆーのは火星の微生物のコトですが、
 コレが感染するとゾンビのよーになり、ニンゲンを襲う、と。
 しかし画面が暗すぎて、表情も行動もよく判らない場面が多いのは、残念。
 スケールは小さくてもリアルっぽくて、悪くなかったです。


レッド プラネット 特別編 [DVD]

ヴァル・キルマー,キャリー=アン・モス,トム・サイズモア/ワーナー・ホーム・ビデオ

undefined


 00年公開の、
 SF…サスペンスかな。

 火星のテラ・フォーミングの話で、
 どーも上手くフォーミング出来てないので調査してきて。
 とゆー、未来のお話。

 クルーが個性的で脳天気なヤツらばかり。非協力で信頼もない。
 また仲悪いのか!

 じつはテラ・フォーミングは成功しており、火星には酸素がある。
 とゆー展開は興味深いシーンで、
 その原因が「虫」とゆーのも良かったが、クルーの仲違いがホント余計に感じられて、
 ドラマを盛ってるだけにしかおもえなかった。

 ストーンズの「19階目の神経衰弱」は、皮肉であろうか。
 無重力火災とゆーレアなシーンもあるよ!


[PR]
by y.k-ybf | 2016-07-01 11:31 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧