『シン・ゴジラ』


【映画パンフレット】 シン・ゴジラ SHIN GODZILLA 監督 庵野秀明 キャスト 長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ

東宝

undefined


 「ゴジラ」の例えが分かり易いか、或いは「ウルトラマン」か、「仮面ライダー」か。

 特撮作品は、未完成であることが常であった。
 ストーリーだけではなく、クオリティやデザイン、設定の問題等も含めて、
 何かしらの不満を抱えては、
 あーすれば、とか、
 こーすれば、とか、意見や感想、情報を交わして作品を補完しながら、
 築いた理想を期待に込めつつ、
 夢物語を語り継いできたのが「特撮作品」の歴史だとも云えるだろう。
 (無自覚なリテラシーの話でもあるが。)

 とゆー持論を前置きに、
 その勢いで言い切ってしまふが、
 『シン・ゴジラ』は、
 遂に我々が待ち望んでいた「特撮」の完成であり、(現時点での)最高到達点である。
 間違いのない、傑作でありました。

 どー傑作なのかは、割・愛
 も、いろんな方が、いろんな事を親切に説明してくれているので、
 そちらをご覧ください。
 つか、
 『シン・ゴジラ』を映画館へ観に行ってくださいな。
 「ゴジラ」の予備知識も、
 「特撮」のリテラシーも必要なく、単純にエンターテイメント作品として楽しめるから。
 絶対に。





 しかし。
 しかし、だ。
 ゴジラの無双な暴れっぷりに狂喜し、
 伊福部昭の音楽に高揚し、
 絶望的な状況に抗い続けるニンゲンの姿に涙しながらも、どっかで冷めて眺めている自分がいた。
 「観たかった」モノが、
 「観たこともない」形で実現されるとゆー、
 これ以上ないシチュエーションなのに、この反応はなんじゃいな!? と。
 二晩悩み、ある結論にたどり着く。

 あんなコトいいな。できたらいいな。
 あんなゴジラこんなゴジラ、
 オレならこーする、オレならあーする。
 観たい作りたいやってみたい。
 と、
 パイセン方の空想話を散々耳にしてきたし、散々自分でも妄想してきた。
 そして今日、
 パイセンが念願とするゴジラが作られ、それを目にする感動を抱きながら、も、
 「コレがパイセンのゴジラか!

  ‥‥‥言ってた通りやな」 とゆー、ね。


 お判り、いただけるだろうか。
 いや、判らなくてもまったく問題ない。
 我ながら、捻れた性格だなと呆れてもいるので、どうぞスルーしてやってください。
 同世代特有の感覚かなーとツイッターで検索しても、
 そーでもないよーなので、わたくしがアホなのだろう。

 傑作だとゆー前提で、
 もっと若々しい「ゴジラ」が観たかったとゆー希望は、次回作に託します。

 つーことなのだ。


 (「エヴァンゲリオンが出てこないヤシマ作戦」、
  とゆーと身も蓋もないが、
  例のあの音楽は、二回ぐらいに抑えてほしかった。
  後半のあの注水は、何故にあんな飛沫もない描写にしたのだろーか。

  不満は、この程度なんですよ。)


[PR]
by y.k-ybf | 2016-08-03 22:10 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧