『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』、他一本。


【チラシ2種付映画パンフレット】 『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間/劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキ サーカス パニック!』 出演:西銘駿.中尾暢樹

東映

undefined


 夏の映画は「ジュウオウジャー」と同時上映。
 時期的にTVシリーズも終盤なので、単独映画としては初と同時に、(とりあえず)最終作となります。
 が。
 まず、わたくしが「ゴースト」のシリーズを追い切れていないので、
 いつにも増してざっくりな感想になってしまいました。
 いつもの「ゴースト」だな、と。

 そもそも「ゴースト」とゆー作品が、
 二転三転するストーリーや設定はいいとしても、どーにも煮え切らない達成感の薄い展開が続く作品で。
 それを象徴するよーな映画でした。
 スイマセン、えらそーに。

 異世界モノとゆーのは、
 そのルール(設定)を如何に納得させて伝えるかが肝だとおもふのですが、
 「ゴースト」はそこを上手くクリア出来てないんじゃないかなー、ってのが第一話から続く不満でもあって。
 それがシリーズで積み重なった上での、映画オリジナル設定だからな。
 アランのもう一人のお兄ちゃんとか登場するから、ビックリですよ。
 (鑑賞後、一緒に観た友人に教えてもらうまで、理解出来ませんでした。)
 消化できんわ。


 さて、恒例の新ライダー御披露目ですが、次の「エグゼイド」。
 かなり急角度なインパクトに戸惑いを拭えませんが、
 動いた姿を観れば…、、、
 それでもまだ慣れないかな?w
 しかし奇抜なライダーほど面白かったり、名作になったりするケースも多いので、
 これはコレで楽しみにしております。


[PR]
by y.k-ybf | 2016-09-07 10:37 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧