1㍉も参考にならない映画の感想を、二、三本。


コードネームU.N.C.L.E. ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

ヘンリー・カビル,アーミー・ハマー,ヒュー・グラント,エリザベス・デビッキ/ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

undefined


 ガイ・リッチー監督の映画って、
 そいや観たことないなと、今頃気が付いた。

 テレビドラマ「0011ナポレオン・ソロ」のリメイクで、スパイ・アクション映画。

 軽妙なスパイ映画、とゆー表現につきる。
 「007」ほどシリアスでもなく、
 「スパイ大作戦」ほど垢抜けてもおらず、「キングスメン」ほどふざけてもいない。
 (とゆー各シリーズのイメージに語弊もあるが。さておき。)
 言い換えるなら、
 見事に独自の特徴を得た作品だとおもいますよ。
 (似てるとしたら、八十年代頃の「007」かな?)

 ヘンリー・カヴィル、アーミー・ハマー、アリシア・ヴィキャンデルの三人が、
 まあ、いい感じのキャラクターで。
 全員凄腕のエキスパートなんだけど、抜けてるとゆーか惚けたユーモアが最高でした。
 ドタバタやオフビート、ソリッドなブラックネタもやったりと、意外にユーモアの枠も多彩。
 三人三様の角度から楽しめる作品だとおもいます。

 この笑いこそ、「スーパーマン」に必要だったのかもなー。。。

 個人的には、
 アリシア・ヴィキャンデルのキュートさが、際立っておりました。
 あのオールド・ファッションの着こなしが、まあ素晴らしい。

 是非ともこの三人のままでシリーズ化してほしい。
 そしてキャラを磨いて掘り下げてってほしいと、願うよ。


第七の予言 [DVD]

デミ・ムーア,マイケル・ビーン,ピーター・フリードマン,ユンゲン・プロホノフ/Happinet(SB)(D)

undefined


 88年公開の、オカルト・ホラー。
 主演はデミ・ムーア。

 かなりぶっちゃけて表現すると、
 『オーメン』と『ローズマリーの赤ちゃん』を混ぜ合わせたよーな内容で。
 それっぽいなー!
 とゆーシーンの連続であります。
 (妊婦がテレビのニュースを観るシーンとか。)

 謎の男の意外な正体や、旦那が扱う裁判の役割など、
 興味深い展開がありながらも、イマイチ盛り上がらない。
 ホラー的な怖さが物足りない。
 偏に、
 デミ・ムーアの漲る主役力が、作品に対して強すぎたよーな気がする。
 どーせ死なないよな、このヒト。
 とゆーバイタリティの圧がスゴい。
 妊婦ヌードも披露されており、
 ああその頃の映画ね、とおもって調べてみたら「その頃」よりも前で、
 『ゴースト』もこの後に撮ったと知りました。

 なにこの、完封された敗北感。
 デミ・ムーアって、ずっとこーゆー存在だったのだねー。



 因みに、
 ラストで、デミ・ムーアは「死ぬ」んだけどね。。。


 ジャッキー・チェン、ジェット・リー初競演のアクション大作。

 カンフー映画定番のファンタジー古典時代劇か? と思いきや、
 孫悟空が登場するオープニングから、舞台は一気に現代のアメリカへ。(たぶんNY。)
 混乱と嫌な不安でいっぱいになりながら、
 カンフー映画大好き白人青年がタイムスリップ!
 中国っぽい何処かの、昔の昔の世界へ、豪快にストーリーが展開して行きます。

 しかし。
 定番の時代劇に、京劇の西遊記、ジャッキーが現代劇で頻繁に使うNY。
 更にマニアックなカンフー映画の羅列といい、
 オマージュ溢れた、まさにカンフー映画・愛な作品で。
 坊主姿のジェット・リーが少林拳を振るえば、
 ジャッキー・チェンは酔拳で対抗するとゆー、夢の対決まで描かれる!
 しかも『ベスト・キッド』(オリジナルの方)的な師弟のパロディも盛り込まれており、
 ある意味、集大成な作品と云えるだろう。

 (この後、ジャッキーは10年に『ベスト・キッド』のリメイク、
  11年には『新少林寺』へ出演することになるのだが。)

 ま、そんな記念碑みたいな一作なので、
 お気楽に観るのが良し、だとおもいます。


[PR]
by y.k-ybf | 2016-12-05 22:15 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧