偶然に、原田眞人監督の、二本。


駆込み女と駆出し男 (特装限定版) [DVD]

大泉洋,戸田恵梨香,満島ひかり,樹木希林,堤 真一/バンダイビジュアル

undefined


 原作が、井上ひさし。
 監督、原田眞人。
 主演は大泉洋だけど、「駆け込み寺」を中心とした群像劇でもある。

 正直、言葉遣いが昔の言葉なので、
 何を云ってるのかさっぱり理解できない前半は、なかなかキツい。
 しかし各々のキャラクターが掴めてくる中盤以降は、俄然と面白くなる。
 これが最良の型なのか判断は難しいけど、
 妙に冷めた緊張感が持続したのは、この言葉遣いの影響ではないのかな、ともおもふ。
 後半の展開はスリリングで、涙も誘う。
 見事な喜劇。

 役者さんは皆、素晴らしかったけど、
 やはり特筆すべきは大泉洋で。
 口八丁手八丁ぶりだけではなく、医者見習いな佇まいが、良い。
 彼が演じる青年の姿は、昔も今も変わりないだろう。

 観終わると、
 キツかったコトも忘れて、もっと観たいとおもわせる、
 そんな映画でした。


KAMIKAZE TAXI<インターナショナル・バージョン> [DVD]

役所広司,高橋和也,片岡礼子,矢島健一,中上ちか/ポニーキャニオン

undefined


 原田眞人監督、95年の作品。
 この「95年」とゆーキーワードが、かなり大きい。
 バブルは弾けているけど勢いだけは残り、
 上辺だけが厚くなる時代の空気感を目一杯に吸い込んでる印象を受けた。
 勿論、良い意味と悪い意味で。

 演劇、文芸、流行は、邦画の三大因習だとおもふが、
 この映画は比較的、気恥ずかしさを感じなかった。(チャップリンは例外。)
 やっとこの時代の邦画も、フラットに観られるよーになったのか。

 ペルー人役の役所広司もいいが、
 ヤクザのボス役のミッキー・カーチスが最高でした。
 怖い恐ろしい。

 政治家の、あのジジイは、
 今でゆーと、百田尚樹みたいですね。


[PR]
by y.k-ybf | 2017-01-11 10:24 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧