ぐるぐる『ドクター・ストレンジ』ぐるぐる


【チラシ付き、限定版 映画パンフレット】 ドクター・ストレンジ 監督  キャスト ベネディクト カンバーバッチ, イジョフォー レイチェル マクアダムス

ディズニー

undefined


 マーベル映画(MCU)のニューフェーズの一角になるであろう、『ドクター・ストレンジ』を観てきましたよ。
 3D吹替の巨大スクリーン(ウルティラ)で。

 3D前提で作られた映画なので、当然3Dがオススメ。
 吹替も安定の声優陣で、
 エンシェント・ワンの声がまたピッタリだな! おもたら、樋口可南子でビックリ。
 (松下奈緒も悪くなかったですよ。)

 そんな『ドクター・ストレンジ』。
 魔法でぐるぐるぐるぐる廻される世界の映像美は、も、スクリーンで観るべき。観ておくべき。
 (2Dでも十分に楽しめるとおもいます。)
 ストーリーは全体的にイントロダクションな側面もあるため、
 若干物足りなく、理屈がモヤっとする部分もある。
 「闇の力」とか、
 敵のカエシリウスがあまり暴走してるよーに感じられないとか。
 その反論として、
 ストレンジが「ドクター」に拘る点は見事な切り返しで、作品の軸にもなりました。

 エンシェント・ワンが闇の力を使った理由は、もーちょい明言してもよかったのでわ。
 (後継者を探すため?)

 さておき。
 エンシェント・ワン役のティルダ・スウィントン。
 その麗しいお姿を拝見するだけでも、眼福。
 衣装も素晴らしく、
 あの腕、白くて細くて長い腕が、力強くもあり、最高でした。

 修行シーンは、もっと長くてもよかったとおもいます!
 (エンシェント・ワンを観たいので。)


[PR]
by y.k-ybf | 2017-02-19 11:33 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧