『無限の住人』 キムタクではない木村拓哉。


映画パンフレット 無限の住人

松竹

undefined


 わたくしは「無限の住人」を読みたいが為に、何年も月刊アフタヌーンを買い続けた者なので、
 今回の実写映画化には大変不安がありました。
 しかも監督は、
 『テラフォーマーズ』で個人的な信頼は地に落ちた、三池崇史。
 不安中の不安である。
 場合によっては(※物騒な心情の吐露故に中略)も辞さない腹積もりで、鑑賞へ向かいました。



 とりあえず。
 『あずみ』は超えてくれるかな、とゆー期待には応えてくれた。
 『るろうに剣心』まで追いついたかどーかは、微妙。

 最早どの立場で云ってるのか自分でもよく判りませんが、原作を知ってると物足りなく感じる部分がかなり多い。
 不満な点も挙げるとキリはないが、
 二時間ちょいで原作の最期までやったのだから、このアレンジは致し方ないだろう。
 寧ろよく原型を残したなと関心するほどだ。
 そーゆー意味ではこの「実写化」は上手くいったと云えるだろう。

 ホンっトに偉そうな感想文だな、コレ。

 ついでに云うと、
 凜は幼すぎてイメージのギャップが最期まで埋まらなかった。
 正確に云うなら、時間(エピソード)が足りなかった。
 槇絵姉さんや百琳姉さんはなんとか脳内で修正できたけど、凜だけは難しかった。
 あとは、
 原作にあったユーモアの部分がほぼ削られてしまったのが、残念。
 時間的な都合や作品のブレを防ぐ為の削除だと判っているが、
 原作の(小さくない)魅力の一つだと思っていたので、残念。

 つーか、
 もっと軽やかでエグい映画になるかと予想していたが、
 逆にシリアスでエグい、カッコイイ映画になっておりましたよ。

 キムタクではなく木村拓哉の万次さん、良かったです。
 福士蒼汰の天津も悪くない。(舞があれば最高だったが。)
 アクションも殺陣も、美術も見応えあるし、
 音響が迫力あって素晴らしかった。

 いい三池崇史が、やっと出ましたよ。

 とゆーわけで、
 劇場で観た方が楽しめるので、オススメです。

 と云えるぐらいは、満足してますよ。


[PR]
by y.k-ybf | 2017-05-06 00:15 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧