『君の名は。』


 グッズ売り場が妙に閑散としており、近付いてみると『君の名は。』グッズがほぼ空っぽになっていた。
 当時は評判すら耳にしていなかったので、
 これから陳列するのかなーぐらいにしか思わなかったけど、アレは完売してたのだなと、後から気付いた。

 まさか新海誠のアニメが大ヒットするとわな!
 とゆー、認識の記憶。

 んで、
 やっとわたくしも『君の名は。』観ましたよ。
 うん、面白いわ、コレ。
 もーね、
 途中で笑ったもの、出来の良さに。

 映像の素晴らしさについては今更云うのも恥ずかしいので省略するけど、
 RADWIMPSの音楽が見事にストーリーとシンクロしており、全体のテンポをコントロールしておりましたね。
 それと、声優さんが巧い。
 神木君も上白石萌音も巧いけど、市原悦子のおばあちゃんが絶妙でした。
 考えてみたら「日本昔ばなし」のヒトなんだから、巧くて当たり前だわな。
 ストーリー構成も演出も、ホントに新海誠かってぐらい巧妙で。
 恐らく、敢えてのベタさを残している辺りが、ニクいですね。ニクタラシイ。
 すぐに連想したのは大林宣彦的なアプローチだけど、
 そこまで濃くならず、シンプルにもならず、
 微妙な匙加減で現在主流のライトな形に仕上げている。

 また、この映画にはTVアニメみたいなOPがあるんだけど、それが古い。
 九十年代初頭みたいな演出の古さで、
 なんだコレ?
 とおもっていたら、それすらもキッチリ本編へ取り込む計算高さ。
 最終回か!
 TVアニメの最終回の演出までやるか!
 とゆー抜け目の無さ。

 「新海誠のベスト版」とゆー表現は、まさに的を得ているし。
 ベスト限定だよーっつーサービスがまた、山盛りに利いている。

 この作品を機に、
 新海誠の過去作品を辿ったヒトの目が点にならないことを祈るばかりだが、
 万人向けのアニメーションとしては、最高級の出来ではないだろーか。
 笑えるほどに。


 追記。
 最後まで観ると、
 広告などで使用されていたメインビジュアルの真意が判る仕組みも、よーーー出来とるわ。
 町山さんもムダ話で指摘してたけど、
 繰り返される「引き戸」のカットは、
 二人を隔てる境界線であり、それが徐々に開かれる(近づく)暗喩でもあるのだな。

 まあニクタラシイ。


[PR]
by y.k-ybf | 2017-11-13 11:15 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧