『GODZILLA 怪獣惑星』 ※ネタをかなりバレてます。


【映画パンフレット】GODZILLA 怪獣惑星 監督:静野孔文・瀬下寛之 CV:宮野真守 櫻井孝宏 花澤香菜 杉田智和 梶裕貴 諏訪部順一

配給:東宝映像事業部

undefined


 「今度はアニメでゴジラをやります」
 とゆー安易な発想に不安を拭えずにおりましたが、
 アニメ独自の徹底した世界観の構築が、力業も含めて、功を奏したと思います。
 オモシロかったです。

 個人的な印象になりますが、
 ストーリーは『シン・ゴジラ』の、
 デザインはギャレス・エドワーズの『Godzilla』(14)の影響が大きいのではないかな。

 ゴジラのデザインは一目で判ると思いますが、
 ストーリーは『シン・ゴジラ』の方向性に対して、異なる(及び省かれた)路線を意識したのでしょう。
 (パンフにもそのよーなインタビューが載っておりました)
 結果、
 SFに振り切ったアニメらしい作品になったと思います。
 (放射能の設定を切り捨てられたのも、アニメだから、かも)

 あと重要なのは、89分とゆー上映時間の短さ。
 テンポがよい作品ではないので、このコンパクトさが地味に全体を引き締めている。
 物足りないとゆー欠点もありますが、
 ま、続くわけだからね。
 偶然だけど、
 丁度三分の一ぐらいの分量だったなーと思っていたら、
 ホントに三部作らしいですね、このゴジラ。
 計算通りとゆーわけだ。

 気になった部分は、
 中盤の戦闘、トリゴジラ(仮称)に襲われるシーンが甘かったのと、
 ゴジラの咆哮と絵がね、若干マッチしてないよーに感じられたトコ。
 植物のゴジラだからそー見える、とゆー理屈は納得できるけど、
 いままでのゴジラ、特に近作は全てその第一声に命運を掛けているよーなトコがあったので、
 余計に、
 ん? と気にはなった。
 若干だけども。

 それと、
 冒頭でも語られる怪獣が初めて世界に現れた頃の話は、
 すんげーオモシロそーなので、是非とも映像化して欲しい。
 …小説読めばいいんだろーけども、何なら続編やらずに代わりに、、、。

 あのメカゴジラのデザインは大丈夫なのか!
 我々が思わずフィギュアを衝動買いしたくなるよーなモノなのか!!

 とゆー期待を込めて、来年の第二章を心待ちにします。


[PR]
by y.k-ybf | 2017-11-22 20:42 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧