続・U.W.F.


 なんやかやとダラダラと、
 DVDを紹介したわりに内容にも触れずに進めてしまいましたので、
 補足。

 前田ら第2期U.W.F.と新日は、
 けっこうプロレスやってて、楽しいです。
 このあと単独興行になると、
 プロレス技が排除されるストイックな姿勢が際立ってしまうので、
 ちょっと退屈ではあるのです。
 技も少ないし。

 それにしても、
 アンドレ、馬之助、マードックと闘った前田ってのは、
 すげえなあと。

 U.W.F.インターとの抗争も、
 見応えがありました。
 これ、テレビ放映で観てたんですが、
 絶対武藤負けるだろうなあと思ってたら、勝っちゃって。
 ホントにびっくりしたのを覚えています。
 蝶野や橋本が、我が事のように喜んでリングに飛び込んできた姿も。

 でも高田も、他の選手も、
 身体が「軽く」みえるのが、へえ、でした。
 なんかその時点で負けてんじゃん。と。

 桜庭も、高山もいたのに、DVD観るまで気が付きませんでした。
 高山なんて別人みたいだし。

 で、
 総合のブームにみんな巻き込まれて潰れたり、失速したりするわけなのだが。

 正直、
 あんまり楽しめないでいます。

 まだ「リングス」のほうがおもしろかった。
 ような気がする。

 さて。
[PR]
by y.k-ybf | 2005-05-21 22:02 | テレビ | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧