橋本真也、死去


 突然の訃報に、
 驚いて舌を呑み込んで窒息しそうになった。

 橋本真也が、亡くなられた。
 亡くなってしまった。

 近年のプロレス界を盛り上げた一人であり、
 これから、盛り返すために必要な一人であった。おそらくは。

 少し、偏った意見になるが、
 彼が距離をおくようになってから、プロレス界には大きな盛り上がりはなくなった。
 (中邑ら新闘魂三銃士の活躍もあったが、比ではない。)

 武藤敬司、橋本真也、蝶野正洋の3人は、
 新日本プロレスの選手で、闘魂三銃士と呼ばれていた。
 それぞれタイプが違う選手でありながら同期でもある彼らは、、、
 またこの話をもってきて申し訳ないが、
 U.W.F.発生後、
 「プロレスとは如何にあるべきか」を問われ、答えを提示してきた希有な存在であった。
 その活躍は新日本だけに留まらず、
 日本のプロレス全体を牽引し、
 トップに上りつめてからメインを他の選手に譲るようになっても、
 武藤は全日本へ移籍後、社長まで務め、
 新日本に残った蝶野は現場責任者として能力を発揮し、
 橋本は小川とともに格闘技へのアプローチを強めた。
 3人、
 それぞれの立場からプロレスを支え続けていた。

 良いところばかり挙げて、出来過ぎのようではあるが、
 事実ではあるし、
 「猪木不在」に耐えられたのも、彼らだけだったのではなかろうか。

 今後、
 影響がどのようにでるかまだわからないが、
 以前のようなとは言わないが、
 またプロレスが再興してくれたらと、おもう。

 現代なりの、スタイルで。





 合掌
[PR]
by y.k-ybf | 2005-07-13 22:06 | 記述 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧