『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の最終回の話の話。


 はい、続きでございます。

 まずその前に、
 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』を観たことも聞いたこともないのに、
 この記事を読もうとされている好奇心溢れる方のために、説明。

 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』とは、
 『機動戦士ガンダム』シリーズの最新作、
 『機動戦士ガンダムSEED』の続編にあたる作品でございます。

 もう少し補足させていただきますと、
 ガンダムのシリーズではありますが、
 ストーリーも世界観も本家本元とはまったく別次元、
 いえいえ、
 別物の独立した作品でございます。

 で、
 本題に移りたいわけでございますが、
 とりあえず、ガックリしたあたりから書いてみたいとおもいます。

 それは第一話、の、放送前に雑誌で知ったのですが、
 またガンダムが盗まれるとゆーことで。

 何も知らない方には信じがたいかもしれませんが、
 展開が前作の『機動戦士ガンダムSEED』と一緒。(第一話で、ガンダムが盗まれます。)
 しかしこれは、
 お笑いでゆーところの「天丼」を敢えてかましているとおもわれるので、
 納得することができました。

 シャアの声のヒト、
 が、
 声をあてている「デュランダル議長」ってゆーヒトが第一話から出てくるのですが、
 シャアの声のヒトなんだから、
 敵のボスにでもなるのかなあとおもっていましたら、
 だいたいその通りでした。

 ザクが、かなりスマートになって出てきました。
 名前は、ザクウォーリアといいます。みなさん、仲良くしてあげてください。
 ザクと比べると、とても強そうです。
 グフも出ますし、
 ずんぐりして爪がある水中メカも、金ピカのガンダムモドキも出ます。
 このへん、
 本家のシリーズへのオマージュをわざわざ全面にもってきて何かをアピールしておるのですが、
 イマイチ、何を伝えたいのかが判りません。
 べつに何もないのかもしれませんが。。。
 で、
 ドムも後半になって勿体ぶってとゆーか、
 やりまっせー、みたいな感じで登場するんですよ。
 ちゃんと黒い三連星のコスプレみたいなヒトタチが乗って、
 もうこれは、
 すごい活躍するのかなあと見守っていましたら、
 ちょっと目立つザコ程度の扱いで、そのまま番組が終わってしまいました。
 途中、
 ガンダムを追い込むようなシーもあって、
 ああ、コレは、
 作品全体的にオマージュが盛り込まれているわけだから、
 小説版の『機動戦士ガンダム』で、
 アムロがドムにフクロにされて撃墜されるシーンを再現しようとしているのだな、
 やるな、と、ワクワクしておりましたら、そんなわけもありませんでした。
 ええ。

 でで、
 そんなこんなで最終回なんですが、
 個人的な感想になってしまいますが、ずいぶんと盛り上がらない最終回だなあ、と。

 最後の展開、もうちっと早めにやっておいて、
 ラストはもっとすっきりして見せたほうが、よろしかったのではないでしょうか。
 画期的とゆーか、
 めずらしいのは、本編の主人公である「シン・アスカ」がラスボス扱いされていたり、
 ストーリーの主導を前作で主人公だった「キラ・ヤマト」がすっかり取っていたり、
 我が目を疑う状況下で、ラストを迎えます。

 フツー、
 仮にも主人公にしたんだから視聴者に感情移入させやすくするとか、
 せめてストーリーの主軸に据えるとか、
 なんとかするもんですが、しないんですね。これが。
 何か理由があるとおもうので、そのあたりは深くつっこみませんが、
 もう一つ、
 気になったところがあります。

 一応、大ボスになったデュランダル議長の「デスティニー・プラン」とかゆーやつ。

 すみません、
 わたくしはざっと観ているだけなので間違っているかもしれませんが、
 なんか、遺伝子をいじって争いをなくそー、ってゆー、計画で。
 戦争がなくなるならええやん、とおもうのですが、
 それやってまうとヒトとして、
 アレや、
 と、前作の主人公だったキラがなんか抽象的なことをたくさん言って、
 説明して、
 説得して、丸め込もうとするので、
 やっぱりいけないことなんだなあ、と、おもうようになりました。
 夏のおわりに。。。

 でもそれを言ったら、
 コーディネイターは、どーなんでしょうか。
 いいのかな。

 (コーディネイターってのは、
  なんか、遺伝子をいじって、すごくなったヒトらのこと。
  モビルスーツに乗るには、必要なことらしいですよ。噂では。たぶん。)

 まあ、それはおいといて、
 デスティニー・プランとかゆーのをやってしまうと、
 大変ですよー、
 危険ですよー、みたいのを、
 もっと見せていただければ、説得力も増したのではないでしょうか。
 こー、
 口半開きでヨダレを垂らしてるとか、
 脳がパフパフになっちゃうとか、植物っぽくなっちゃうとか。

 とにかく、派手なところも、細かいところも中途半端とゆーか、
 味気ないとゆーか、素っ気ないとゆーか。
 薄かったような気がします。

 で、
 でで、これからフォローです。

 思い付くかぎりに書いてみましたが、
 戦闘シーンの作画やら演出やらは、観ていて楽しくてなかなかよろしかったので、
 これはこれでいいとおもっておりますよ。
 なんか、
 続きをビデオとか映画とかでやりそうな終わり方だったり、雰囲気だったりしますが。
 来年もやるみたいですね。ガンダム。

 つーことで、
 そーなんだあ、ゆーわけで。

 おしまい。

b0048532_2352696.jpg

[PR]
by y.k-ybf | 2005-10-02 23:06 | テレビ | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧