『アニメ夜話』について言いたいことは山ほどあるが。


 誰かが読んでるこのブログ、
 久しぶりの更新でございます。

 なんか似たような話題が続きますが、
 先日、第5弾となる『アニメ夜話』が放送された。
 それはもう、良いところがすべて剥げ落ちた、散々な番組だった。

 まず、取り上げた作品が悪い。
 や、作品は悪くないのだが、
 番組に合わないとゆーか、早すぎたとゆーか、ゲストが悪かったとゆーか、
 結局はぜんぶなのだろう。

 今回は「ほしのこえ」、「劇場版 ウテナ」、「うる星やつら(テレビシリーズ)」の3つ。

 一見、「うる星やつら」などいくらでも話がひろがりそうだが、
 わざわざ「テレビシリーズ」と括りがあるあたり、すでに微妙。
 さらにスタジオではなく出張収録で場の空気もへったくれもなく、
 ゲストも飯島愛と江川達也っつーことで、
 ろくに喋れんとゆーか、期待する方が切なくなる面子。
 ほとんど岡田斗司夫の独壇場が、三日間続きましたとさ。

 「ほしのこえ」は、ホントに最先端過ぎる作品で、
 正直、語ることも揃ってないし、語れる人もいない現状で、
 どうしても技術的な部分やらに偏ってしまう。

 まともだったのは意外と「劇場版 ウテナ」の回。
 個人的にはテレビシリーズでいいのでわ、とも思うのだが、
 番組としては盛り上がっておりました。ようです。

 でもな。
 まずまず、司会が乾貴美子からNHKのアナウンサーに変わったのが、
 あかんかった。
 のるにしても、ひくにしても、完全に浮いておりました。
 またスタジオが以前のシンプルなものから、
 でっかいところに変わって、独特の空気感が消えてしまった。
 これはお金は掛けてはいけない、番組なのです。
 そしてそして、
 唐沢俊一の不在が、正味を薄めてしまっているのです。

 よーするに、すべてが裏目に出たとゆーことです。
 アホか。

 しかしながら、
 5回目にもなると、取り上げる作品も少なくなってきたのも事実。
 厳しくもなってくるので、いいから元に戻していただきたいです。



 せっかくなので、アニメネタを。

 福本伸行の『闘牌伝説 アカギ』がアニメになったのですよ。
 これがめっさおもろい。
 もー、あの絵が、あの鼻が動いてるだけで、お腹いっぱいなのだが、
 そもそも原作がおもしろいし、アニメとしても良くできてるし、
 萩原聖人の声もぴったり。

 まだ三話目だけど、楽しみにみております。
 日テレもグラビアアイドルやらで盛り上げようとしております。
 無駄だとおもいますが。
[PR]
by y.k-ybf | 2005-10-27 22:46 | テレビ | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧