4-1 zzz.....


 (以下、寝言です。)



 電通に責任を擦り付けるのは、いささかズレてる気もするし、
 責任云々ゆーのも好きではないが、寝言なので言ってしまおう。

 柳沢だけが悪いわけではない。
 「急にボールが来たからアウトで蹴っちゃった」なんて、
 この大会でする言い訳でも、プロのサッカー選手が口にできる言葉でもないが、
 彼だけが悪いわけではない。
 彼を代表に選んじゃったヒトがいるわけだから。

 では高原は、どーや。仕事は全うできたのだろうか。
 ディフェンスを引きつけて、他の選手にシュートを打たす仕事、
 みたいなことを、
 どっかの解説者が言っておられましたが、
 それ、できてた?
 高原って囲まれちゃうほどマークされる選手?
 そもそもその役割、必要?
 玉田でも巻でも、選ばれなかった久保でもできるんじゃね?
 他の仕事も。
 例えば、シュートを打つとか。

 中村は2戦目以降、目にみえて調子が悪くなっていた。
 ボールが集まる所為でもあるけど、ミスも多かった。負傷が響いていたのだろう。
 無理に出す必要もなかったのではないか。

 また、中村だけの話ではないが、
 サイドからあがってセンタリングってサッカーの基本的な攻撃もあまり見られなかったし、
 サントスばかりボールを持っていた気がする。
 中盤が機能していなかったのだろうか。

 そして中田。ヒデのほうな。
 今回だけではなく、中田はいつもすっごい頑張っているので言い辛いのだが、
 やっぱり中田は邪魔だとおもう。
 厳しいようだけども。

 もーずっと言い続けてることを何度でも言ってしまうが、
 中田に司令塔は向いていない。

 一人の選手としてはとても優秀な選手で、
 代表に選ばれて当然なのだが、
 彼がいると、
 チーム自体が彼を中心に形成されてしまい、動くようになってしまう。
 一見、問題が無くおもえるが、
 中田とゆー存在の影響、歯車はおもったよりも巨大で、
 何か一つでも歯が合わないと、全体のバランスがいとも容易く崩れてしまうのだ。
 そして致命的なのが、
 その崩れたバランスを立ち直らせる能力が、中田には欠落しているとゆーこと。
 もーいくつもそんな代表の試合を観てきたわけで、
 そんなときに彼の場合、自分で走り回ってナントカしちゃおうとするんだ。その力はあるから。
 そーなるとチームはバラバラになるし、一蓮托生、中田と心中となるわけだ。
 だからフォワードとはいわんが、トップ下でいいんじゃねーだろうか。
 言わなくても巧守に勝手に動き回るんだし。
 小野と中村の相性は良かったと記憶しているから、
 そっちを中心にすればええかなあとか、おもう。
 中田を否定するつもりはないけども。

 そして一番の問題だったのは、やはり監督のジーコ。
 このわずか三戦で、
 監督としての力量が足りてなかったことが、白日のものとなった。
 乏しい戦略、戦術、
 不可解な選手起用など、など。
 オーストラリア戦でのヒディンク監督との対比がもっとも判りやすいが、
 とにかくジーコは監督としての経験が不足していたし、
 選手を動かすとゆーことに、意識が薄かったようにおもえる。

 なんてことを、
 四年経って本番が終わったあとに言っても、しゃーないが。しゃーねえな。

 ジーコだから・・・って雰囲気は、必要ではなかったんやなあ・・・。

 是非、次の監督さんには、
 とにかくディフェンスをガッチガチに鍛えてもらい、
 もー、ワントップでカウンター狙って逃げ切る、
 ギリシャみたいなチームにしてもらいたい。
 ドリブルで抜く個人技もなくて呆然と立ち尽くしたり、
 下手くそなパス回ししかできないよりは、よっぽどマシだ。
 そこまで戻さないと、ゼロかマイナスまで戻さないと、
 本当に将来が亡くなってしまうし、また繰り返すことになる。

 カリスマがあったカズも、
 ムードを変えてくれる中山もいない現状が、
 これほど皮肉に感じるとは、おもわなかったので、ございます。



 zzz.....
[PR]
by y.k-ybf | 2006-06-24 20:47 | 記述 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧