7/24//06


 どうでもいいことだが、九割方、腰痛のほうが治まった。
 そーこーしているうちに、世間ではいろいろございまして。

 欽ちゃん球団が解散したり、しなかったり。

 タイミングも外しちゃったんで特に言うこともありませんが、
 気になったことが二つほどありました。

 一つは、
 今回の事件の前例的な扱いで、
 板尾創路のことが取りあげられたりしておりますが、、、
 まあ、要は、
 「やっちゃったら、未成年」、だったわけで。
 あまりにも事件内容が違うので、同列に扱ってほしくない。
 松本や紳助が助けたとか、
 ナイナイにそれだけの力がないとか、
 今だから、昔だからとか、
 そんなんではないので、お間違いのないように。

 それと。
 欽ちゃんとの解散宣言と撤回を、
 勘違いだとか、計算だとか言う声も見掛けるが、
 これも少し違う気がする。

 だって、アレが欽ちゃんだから。

 計算も思い込みもあるかもしれんけど、そーゆー人なんで。
 若いヒトはしらんだろうけど。

 たぶん、球団は解散せなあかんやろと、本気で思ったところがあるだろうし、
 そーゆーものだと認識していただろうし、
 解散反対の声が多かったことに驚いたのも、たぶん本音なのだろう。

 あの会見が腹立つものであったり、
 気色の悪いものだったり、自分勝手なものに見えたとしても。
 それとは別のことなのだ。

 あーゆーヒトだから。


 でも個人的にアレを観て、
 欽ちゃんは、今の芸能界とは離れちゃった、
 別世界、別時代の人間なんだなあ、と、おもいました。

 アレだからね。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-07-24 22:59 | 記述 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧