『涼宮ハルヒの憂鬱』を、観た。


 コレ。

 涼宮ハルヒの憂鬱 1 限定版
/ 角川エンタテインメント
ISBN : B000FBG0NK



 こんなんのだ。

 今更のうえ、今更なんですが、
 うざったいぐらい話題のアニメ、『涼宮ハルヒの憂鬱』を2話ばかりテレビで観た。

 言ってしまうが。
 まったく興味はないし、
 前述の通り、「萌え」が無い人間なので魅力すら感じず、
 完全スルー状態でしたが、
 あんまり目に、耳にはいるので、観てしまいました。

 コレ。
 大雑把に言うと、学園物ですね。
 わたくしが観たのは、ちょうど学園祭の話。
 あー、
 へー、
 ふーん、と、眺めておりましたら、
 何か主人公っぽい女の子が、
 何故かバニーガールの格好で、バンド演奏を始めました。

 んが。

 これがとんでもなく素晴らしい出来栄えで、びっくらしました。
 歌自体はそれっぽく良いぐらいなんですが、
 バンドが、ちゃんと演奏してるんです。
 そりゃ演奏するだろと、おもわれるでしょうが、
 ギター、ベースがコードをちゃんと押さえてるのは序の口として、
 リード、リズムと分かれてるし、
 ドラムもちゃんとタムやらシンバルやら叩いとる。
 これはアニメでは当然、画期的だし、
 実写でもここまでやれてるのは少ないんじゃなかろうか。

 ゆーわけで、
 こちらがその演奏シーンでございます。

http://www.youtube.com/watch?v=0BGYqxdsokQ

 で。
 最終回も観たわけだけど。
 これは女の子のための作品だなと、おもいました。
 自分に素直で、孤独な女の子。

 まあ、2話しか観てねえけどな。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-07-24 23:58 | テレビ | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧