『ゲド戦記』


 メディアの評判と、ネット界隈との評判が真逆な、『ゲド戦記』。

 これだけ期待もしなければ楽しめるだろうと、怖いもの見たさに行ってきたわけだが。
 この、微妙な気持ちを、何にたとえよう。

 まず。
 ゴミとかクズとか言われるほど酷い映画ではなかった。
 確かに、
 おもしろいのかと問われれば、
 つまらないとしか答えようのない代物ではあるが、
 鑑賞に堪えられない、ほどではない。

 ああ、何とも例えがたい。

 批判している方々は、
 おそらく反射的に「ジブリ」、「宮崎駿」などといった印象を思い浮かべ、
 意識せずとも比較しているのではなかろうか。
 また、
 ジブリならおもしろい、宮崎駿ならおもしろい、と、
 頭のどっかにある擦り残しで、『ゲド戦記』を観てしまっているのかも、しれない。

 『ゲド戦記』は、
 ジブリが作ったアニメーションではあるが、監督は宮崎駿ではない。

 分かり切ったことではあるが、ココをはっきりとしなければ、適正な感想など難しい。
 それと、
 こんな思い込みをしている方がいらっしゃるとはおもえないが、
 監督の宮崎吾郎は、宮崎駿の息子ではあるが、
 血が繋がっているからといって必ずしも才能を受け継いでいるわけなどないし、
 同様のことが出来るわけでもない。
 アニメ作家としては、息子以下の、素人だ。
 そして宮崎駿が関わらなかったジブリ作品が、
 (関わった作品でもかまわないが)、どれも傑作、名作なわけではない。
 と、
 ゆー、事実を認識しなければならない。

 仮にだ。
 これがジブリでも、宮崎吾郎でもなく、
 他の何か、誰かが作ったものならば、
 当然、批判はもっとべつのものになっただろう。
 つまり、だ。
 『ゲド戦記』への批判は、
 なんでこんなものをつくっちまったのか、と、ゆー、ジブリへの批判なわけだ。

 実際の問題は、
 なんで作ったか、よりも、
 何故、作らざるを得なかったのか。かもしれんがな。

 で、やっと感想の話になるわけだが。
 つまらない、ではなく、古いのだろう。
 作り方が。
 紙芝居とゆーか、絵本を読んでるような感覚に近い気がした。
 絵が動いて、音が鳴って、言葉を喋る絵本。
 そんな絵本があったら煩くて仕方ないし、
 何より読みながら「想像」することを、すべて奪われてしまう。
 はたして、そんな絵本がおもしろいのだろうか。

 絵が拙い、との意見も聞いたが、
 ジブリにしては、確かに単調なところ、雑なところはあったが、
 あくまでジブリの水準での判断であって、問題にするほど悪いものではない。

 毎回毎度問題になる、声優さんの問題も、
 今回はみんな酷かったので、あまり気にならなかった。
 だからヒロインの素人の声も、悪いとは感じなかったし、
 悪役の田中裕子なんかは、とても良かった。
 もう一度言うが、それ以外が酷かったし、
 ちゃんと合わせて作れと、おもいましたよ。

 個人的に一番気になったのは、ストーリーの展開と演出の拙さ。
 そのへん、方々で言われてるので詳しくは省略するが、
 シーンをぶった切って変えるってのが、多かった。
 時間の都合でカットしてんのかとおもうぐらい、具体的に判るところもあった。

 つまりつまり、監督さんの力量が不足している、わけだ。

 そんな、
 楽しい映画なので、みなさん観てください。
[PR]
by y.k-ybf | 2006-08-06 17:32 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧