『ノロイ』 (5/100)


 ホラー映画が好きとゆーと、
 「怖いのとか好きなんだ」
 「怖いの平気なんだ」とか言われるが、そんなことはございません。
 めちゃくちゃ怖がりでございます。

 似たような問い掛けに、「ユーレイとか信じてるんだ?」ってのがございます。
 誰もが一度は耳にして、口にするようなありふれた問いではありますが、
 じつは重要な意味が込められているのでございます。

 「ユーレイ」を、「信じている」。
 信じているとは、何か。
 正確には、「ユーレイとか、見たことある?」、
 あるいは、「見られるの?」で、あろう。
 意味合いとして同様に使う場合もあろうが、
 それにしても、「信じてる?」とは、何か。

 信じるから、見えるのか。
 見えるから、信じるのか。

 ややこしくなる前にはっきり言ってしまうと、「信じる」わけなどないのだ。

 見えても見えなくとも、「信じる」わけではない。
 この言葉の意味は、
 じつは逆にあって、「ユーレイを信じていない」側にこそ、ある。

 ユーレイは信じない。何故なら、「べつの何か」を信じているから、なのだ。

 我ながらチンピラみたいなこじつけだが、もうすぐ終わるので我慢してください。

 「べつの何か」とは、それぞれ違うものなので説明はできませんが、
 要は、
 誰もが「べつの何か」を信じちゃってるわけだ。
 自分とか、友人とか、親とか、
 習慣とか、常識とか、体裁とか、お金とか。とかとかとか。
 そんなそんな信仰下にあるわけで、
 意識、無意識に突き動かされて生きているわけだから、
 正しいだとか間違いだとかを暴力にしてはいけない。
 フツーとか、常識だとかを凶器にしては、いけないのだよ。ジョバンニ。
 お父さんが、ラッコの上着をもってくるよ。


 さて、『ノロイ』であるが。
 これはどっちかってーと、『ジャージー・デビル・プロジェクト』の影響を受けた作品である。
 都市伝説でありそうな、
 お蔵入りになった心霊ビデオといった設定であるが、
 フェイク・ドキュメンタリーとして、とても良くできている。

 お気楽に楽しんでほしいものであります。



 ノロイ プレミアム・エディション
/ ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B000CFWQH8
[PR]
by y.k-ybf | 2006-08-24 23:32 | 映画/100 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧