キライギライキライ。


 『人志松本のすべらない話』において、
 松本人志は、
 他の番組ですでに使用している話や、それほどまでにおもしろくもない話を時折しており、
 ダウンタウンの低落ぶりを見る想いであるが、
 天才、能力者の悲劇とゆーものか、
 それでも水準として「おもしろい」を下回ることはなく、
 それがすべてではないが、
 萩本欽一、ドリフ、ビートたけし、とんねるずと、バトンされてきた世代交代が、
 異常なぐらい、後回しにされてしまっている。
 まあ、こんなことをおもうのは、
 そんだけダウンタウンの番組を観てるからって、ことなんだけども。

 さて、本題。

 んな、『人志松本のすべらない話』の、
 そんな松本の話を聞いて、
 大袈裟なリアクションで笑っている、ほっしゃん。が、キライだ。
 誤解しないでいただきたいのは、ほっしゃん。がキライなのではなくて、
 たいした話でもないし、おそらくは何度も聞いたであろう話で、
 信じられんぐらいメチャクチャおもろい話をはじめて聞いた今、
 みたいなリアクションがキライだとゆー、ことでございます。

 このリアクションてゆーのは、
 芸人、タレントさん特有の芸の一つで、
 コレによって番組が成り立つと言っても過言ではないかもしれません。
 なので、
 リアクションの上手下手が、芸人レベルもしくはランクに影響があったりなかったりしまして、
 ここで、
 品川庄司の名前を挙げます。

 品川庄司の2人はどちらもナルシストで気持ち悪いので、
 そーいった意味でもキライなのだが、
 とくに庄司は救いがたく、
 ナルな部分が芸自体にまで浸食してしまって、笑えなくなっている。
 片や、品川のほうはまだマシではあるが、
 彼の場合、自身の一芸への陶酔が強くて、コレはコレでうざったい。

 特殊な言葉ではあるが、「雛壇芸人」って呼び名がありまして。
 一つの番組があるとしまして、
 だいたい、司会でありホスト役のメインがあって、ゲストがあって、
 それ以外のサポート的なサブ、準レギュラーとか言われる複数人のタレントさん、芸人さんがおりまして。
 にぎやかし、みたいな役割で、
 よく雛壇みたいなイスに並んで座っているから、「雛壇芸人」と呼ばれているわけだけど。
 これが、メインでもゲストでもないけれど、
 番組の構成、進行的にも彼らの存在はとても重要で、
 先にも書いたけれど、
 彼らのリアクション一つで番組の出来が変化してほどでも、あるのだ。

 そんな重要な役割にいることを理解した上で、
 雛壇芸人としてのテクニックを光り輝かせて、
 「どうよ? オレ」って顔をしている品川が、キライなのだ。
 そしてそんな自惚れが極まっているのが、次長課長の河本である。

 「ハイ、今のリアクション決まった」
 「ハイ、うまく拾って、トーク広げた」ってー、
 コレがプロの芸人だよと、「どや顔」を隠しもせずに、
 この現場を仕切っとるのはメインやなくて、わしやでと、でも言いたげに、
 大袈裟に、下品に手を叩いている河本の姿は、もう直視できない。

 何故こんなことになってしまったのか。

 理由は単純で、繰り返しになるけれど、
 そーいった人間がそーいった事をしてくれると、
 番組が成立するし、体裁が保てるからだ。

 つまり、番組作りのフォーマットと化しているわけなのだ。
 では何故、それがフォーマットにまでなってしまったのかとゆーと、
 お笑い芸人の芸風が、テレビを席巻し尽くしてしまったからだ。

 この種の話は何も今に始まったことではなく、
 それこそ時代の時々の番組、タレントさんらが、
 それぞれに作り上げ、積み重ね、受け継がれていったものの一つに過ぎないのだが、
 個人的な感覚として、
 あまりにも一方に偏りすぎてしまい、鼻につくようになったと、思わざるを得ないのだ。
 テレビの現状が。

 まー、コレも極端な話もしれんけど、
 どこのチャンネルでも、どの時間帯にでも「お笑い芸人」は出ておりまして、
 ヒトを変え、企画を変えつつ、フォーマットは共有しているため、
 似通った番組ばかり生まれている。
 そこへ、ジャニーズ系の方々も(この絶対数は減ったようにおもえるが。)、
 このフォーマットを有効に使っていらっしゃるので、
 諸々合わせた影響力は並大抵のものではない。

 この現象の長所は、
 番組が作りやすくなり、また視聴者が受け入れやすくなったところで、
 短所は、
 番組自体が類似、粗悪傾向になってしまうところである。
 そして一番の弊害は、
 強力なフォーマットが出来上がったことで、
 それ以外のものが淘汰されてしまうとゆーことだ。

 でで、さらに本題へとはいるわけだが。

 以前、友人のYさんと話していたことだが、
 かつてはこれほど芸人がテレビに露出することはなかった。
 むしろ漫才ブームの後は、使いづらいとする風潮もあったぐらいで、
 ではその代わりの役目は誰がこなしていたかとゆーと、劇団出身の方々であった。

 分かり易い時期でゆーと、深夜番組が隆盛を誇っていた前後。
 『カノッサの屈辱』、あたりか。
 (Yさんは代表的な存在として、羽野晶紀を挙げていたが。)
 個人的には『IQエンジン』などが印象に残っており、
 シティーボーイズや、
 今では意外に感じるかもしれんが、三宅祐司なんかもこの界隈で活躍していた一人だった。
 イカ天前の話なのでちょいとズレるが。

 テレビタレントではなく、お笑い芸人でもない彼らのような存在は、
 絶妙で、新鮮で、強くはないが、胸に残るおもしろみがあった。
 それは今のテレビからは、
 あるいは世間の「笑い」から、消滅しようとしている「センス」なのかもしれない。

 僕が『水曜どうでしょう』とゆー番組が、いまだに好きなのは、
 この「センス」が残っているからだとおもう。

 おもしろければならない。おもしろそうにしなければならない。
 そーした強迫観念にも似た振る舞いとは違う、
 様々な、笑いがもっとあってもいいとおもうのだが、如何であろうか。

 えーこら。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-02-03 11:36 | テレビ | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧