『大日本人』を、観る。そのいち。


 松本人志の『大日本人』を、観てきた。
 朝の一回目の上映で、お客さんは十人ぐらいでした。。。

 まず、
 言っておかなければならないのは、これは映画ではないとゆーこと。
 では、何なのか。
 コントなのかとゆーと、そーでもない。
 映画でも、コントでもない。
 この微妙な感じは、
 以前、ビデオで発表された『VISUALBUM』を初めて観たときの感触と、よく似ている。
 つまり、
 乱暴な言い方をしてしまうと、『VISUALBUM』の劇場公開版なのだ。
 コレわ。

 なので。
 おもしろいのは、当たり前のよーに、おもしろい。
 「よく分からない」と言った感想も聞かれるけれど、
 それはただ、楽しみ方を判っていないだけで、批評でも何でもない。
 分かり易く、作品として似ているものを挙げるならば、
 『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』が近いかもしれない。
 あれはストーリーとか、展開とか、説明とかを省く愉しみがあって、
 『大日本人』も基本的にはそんな作りになっている。
 だから不満があるとすれば、
 説明がもう少しほしかったし、結末も物足りなかった。
 しかし、それは映画としての不満であって、
 けっして、おもしろさを削ぐものではない。
 このへんが映画ではないとゆー理由であり、喜劇(コメディ)でもないわけだ。

 内容がまったく公表されなかった理由も、すぐに判った。
 中身なんて、ないからだ。
 わたくしは、ネタバレとか容赦ないニンゲンなので、
 ぜんぶ書いちゃってもいいんだけど、さすがにこれは書けない。
 と、ゆーか、
 例えばの話になるけど、
 コントの中身とオチを、発表前に説明するバカがいるだろうか?
 その行為に、どんな意味があるとゆーのか?
 て、
 ことなのだ。

 拾いあげ、深読みをするならば、いくらでもできる。
 優れた表現者は、
 意図的ではなくても、そーいった意味合いを自然と作品の中へ組み込んでしまうものだけど、
 この『大日本人』に関しては、
 と、
 ゆーか、松本人志に関しては、余計なことだとおもう。

 とにかく、アタマを空っぽにして、気楽に観るのが正解だとおもいやす。

 とりあえず、
 予告編とかで得た情報からは、見事に裏切られましたけども。
[PR]
by y.k-ybf | 2007-06-08 22:13 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧